日本大学馬術部合宿@クレインオリンピックパーク

こんにちは、高橋です。
夏休みも、夏も終わりに近づいている今日この頃、みなさん夏の思い出はできましたでしょうか?

私は気づけば「涼しくなってきたなー」という感じで、あっという間でした。
そんな、あっという間だった夏、先日、日本大学馬術部がクレインオリンピックパークで合宿をしているということで、お邪魔させていただきました。
IMGP3184.jpg

レッスンをするのは、日本大学馬術部のコーチも務める乗馬クラブクレインの岩谷一裕です。
IMGP3199.jpg

参加してたのは、日本大学馬術部の沖廣諒一さん(4年生)&桜艦(15才)、大久保貴史さん(3年生)&桜魂(16才)、吉永一篤さん(2年生)&桜照(15才)です。
日本大学の馬たちの名前には、スクールカラーの桜色にちなみ、桜がつきます。
日本大学馬術部は40名ほどの部員がいるようですが、今回合宿に参加していたのは、全日本学生障害競技に出場するレギュラーメンバー。
レッスン内容も難易度が高く、みんな馬と向かい合い真剣です。

この日、レッスンが終わった後に、少しだけお話しを伺いました。
みな、今の馬たちとパートナーになったのは、今年の4月くらい。まだ、それほど長い期間ではなく、今日のレッスンでは、それぞれの馬たちの課題に取り組んでいました。
この日は、合宿が始まってまだ2日目でしたが、今回の合宿も充実したものにしたいと、皆、とても熱心です。

沖廣さん「何回か合宿に来ているが、毎回違う馬で来ても、乗りやすくていい状態なって帰ることができるから、今回もそうなって帰りたい。」

大久保さん「岩谷さんはすごく的確にアドバイスをくれる。その馬、その人のダメなところを指摘してくるから、わかりやすいし、乗っていて馬が変わっていくのがわかる。」

吉永さん「意識が変わります。クレインオリンピックパークに来ると、周りで練習している方たちを見ていても勉強になる。考えてやっていることが、一つも二つも上で、そういう風に乗るのかと教えられます。」

皆、今は大学近くの学生寮で、まさに"馬漬け"の日々を過ごしているそう。
目標は「全日本学生障害で勝ちたい!」とのこと、皆、声を揃えて言っていました。

合宿は9月2日まで、クレインオリンピックパークでも"馬漬け"の日々が続きます。
けど、それが楽しいんですよね。

最後に写真を撮らせてもらいました。
IMGP3205.jpg
あっ、馬が動いて失敗・・・
IMGP3206.jpg
もう一度、今度はちゃんと撮れました。左から沖廣さん、大久保さん、吉永さんです。