Eventing(総合馬術)のプロフェッショナルに聞いてみました!

こんにちは、高橋です。

普段はイギリスで北島選手や田中選手のトレーナーを務めてくださっているアンジェラ・タッカー氏が5月全日本総合ヤング競技の際に来日しました。
Angela Tucker.jpg
平永選手にリボンを渡すアンジェラさん

アンジェラさんはEventing(総合馬術)では、最難度の4スター競技の審判を務められるくらいすごい方です。
Badminton Horse Trials2016の一場面

縁があって、今回いろいろとお話しをお伺いすることができました。
(もちろん通訳していただいて・・ありがとうございました。)

ーつい先日行われたBadminton Horse Trialsでは審判で参加されていましたが、どのようなことをされていたのでしょうか?

「主に、クロスカントリーコースのチェック、コースがレベルにあっているかどうかを見ます。
それから、ホースインスペクション立ち合い、ライダーミーティング、もちろん馬場の日は審判もしますし、最終日は障害コースのチェックをします。
あっ、表彰も大事な役割ですよ(笑)
競技全般を通じて、馬とライダーが安全に走行できるか?公正にジャッジできる環境か?馬のWelfareを考えます。」

―Badminton Horse TrialsはEventing(総合馬術)競技の中では一番難しいクラスの競技。クロスカントリーコースの障害も難しく、中には失敗する選手もいましたが、やはりステップアップしていくためにはチャレンジしていくことが必要なのでしょうか?

「どんな障害でもそうですが、まず大事なことは、馬がちゃんと経験があること、そして、馬にかかわる人間が馬に対して、きちんと尊敬の念を持っていることは非常に重要です。
もちろん、ライダーはいつでも勝ちたいと思うでしょうが、それ以前に馬がライダーを信頼し、そして、ライダーが自分の馬を理解し、ちゃんとトレーニングをしていることが必要です。
競技では、馬が自然界でやらないようなことをやらせますから、馬との信頼関係が成り立っていなければなりません。

Badminton Horse Trialsは4*の競技ですから、コースも難しく、芸術に近い障害もあります。どれだけ普段のトレーニングの成果を発揮できるか、常に、正しい決断をして、決断したら前向きに障害に向かう。そういった精神面も大切です。

コースデザイナーはライダーがコースを走り切れるように考えて作ります。
TOPレベルの障害なので上手くいかなかい時もあるかもしれませんが、どんな障害でも基本は障害を飛ぶラインに乗っているか、障害を飛ぶポイントに馬をきちんとつれていくことができるか、です。
障害はこれらの正確さを試します。難しい障害でも、きちんとラインに乗せて、馬の勢いを保ちながら、きちんとポイントで踏み切れば飛ぶことができます。」

―少し話は変わりますが、アンジェラさんが馬を見るときは、どのようなポイントを見ますか?

「すごく大事なことは、馬が人に対して協力的であることです。聡明だけどやる気がなければトレーニングができません。才能が少なくてもやる気のある馬を選びます。
やる気があって、身体能力が優れているような馬は、ダイヤモンドの原石のようなものです。もちろん、そんな馬でもトレーニングの過程で、体調を崩してしまう馬もいます。
だから、ホースマンシップ、馬のWelfare(福祉)は大切です。」

―イギリスでトレーニングをしている、北島選手、田中選手はアンジェラさんから見てどんな選手ですか?

「いい選手です。彼らはイギリス国内の競技、どこに連れて行っても、日本を代表する選手として紹介できます。周囲の方からも日本の選手は素晴らしいと褒められることがあります。馬に対する姿勢、競技に対する姿勢が伝わっているのではないでしょうか。
上手く行かないときもありますが、彼らは決して馬のせいにはしません。

トレーニングに対する姿勢は、すごく真面目です。
言葉の壁はないけれど、シャイだから自分から意見を言うことが少ない。もっと言うことが必要で、その方が競技の時により良いパフォーマンスができると思います。」

―イギリスと日本の競技を見て、日本にあったら良いと思うことがありますか?

「国内だけじゃなくて、海外でも競技を経験することが必要です。競技を運営する役員、ライダーともに、海外で経験してきて、得たものを日本にバックすることが発展につながると思います。

東京オリンピックはよい機会ではないでしょうか。
1932年に日本の西選手が金メダルを取りました。日本国内にも昔から馬術はありました。
けど、歴史的な背景もあり、なかなか普及・浸透することが難しかった。
馬とのスポーツが、より多くの人に認識してもらえる、良い機会です。

日本人は真面目で労働精神が高い、一度決めたら、きっとやり遂げることができると思います。私もできるところは協力していきます。」

最後は、心強い言葉をいただきました。
ありがとうございます。

このブログでも、少しずつ"馬とのスポーツ"を伝えていきます。

高橋

陸上世古選手が日本選手権出場します

こんにちは、高橋です。

梅雨のこの時期、雨女の私は常に傘が手放せない・・・梅雨以上に雨に降られている気がする今日この頃、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。

さて、本日は乗馬クラブクレイン所属、陸上の世古選手の情報です。

ここ最近は、5月18日北京で行われた2016 IAAF World Challenge Beijing でリレーメンバーの一人として出場。

china2.jpg
北京オリンピック、北京世界陸上と
何度もテレビで見た憧れの競技場は
想像以上の迫力でした。(世古)

china1.jpg
リレーメンバーのみんなと一緒に。

その後、6月5日鳥取で行われた2016布勢スプリントでは自己ベストを更新。
と、調子の良さを見せている世古選手です。
いつも大事な大会の前には、ネイルをする世古選手。
nail.jpg
写真はネイルは布勢スプリントのときのもの。次の日本選手権はどんなネイルになっているのか?

そして、来たる6月24日第100回日本陸上競技選手権大会、女子100mに出場します。
競技の様子はNHKでも放送されるようです。
24日NHKBS1 19:00~19:30(女子100m予選は19:23~)
  NHK総合 19:30~20:43
25日NHKBS1 19:00~19:30
  NHK総合 19:30~20:43(女子100m決勝は20:20~)

現在はつくばにてトレーニングを重ねています。
rennsyuu3.jpg
rennsyuu4.jpg
rennsyuu1.jpg

日本選手権が楽しみです!
みなさん、世古選手の応援をよろしくお願いいたします。

高橋

馬場合宿及びスタッフ参加の第三回経路会が行われました!

みなさまこんにちは、元持です。

6月6日(月)~8日(水)にかけて、御殿場馬術競技場にて
馬場合宿と経路練習会が行われました。
その時の様子を少しでも皆様にお伝えできればと思い、筆を執った次第です。
(正確には、PCを打ちます・・)

ただでさえ天気が気まぐれな御殿場競技場。

梅雨に入り、お天気大丈夫かなぁ・・と心配していた私・・
しかし蓋を開けてみたら・・馬場部みんなの普段の行いのおかげでしょうか!?
晴天とまではいかない曇り空でしたが、奇跡的に雨に降られることはありませんでした!(^.^)
(そのくらい御殿場では良く雨が降るのです・・)
gotenba1.jpggotenba2.jpg

馬場合宿は基本、年に4回あり、
普段は、みんな自分がいるクラブで馬のトレーニングをしています。

そうやって一人で馬のトレーニングをしていく中で、
自分の方法が正しいのかどうか、不安になるときもありますよね。
行き詰ったり、やろうとしていることを馬が理解してくれなかったり、馬のトレーニングレベルが上がらなかったり・・

そういう時、同じ目的を持つ馬場部のメンバーが集まるこの合宿は、
本当に意義のある集まりになります。
gotenba3.jpg

人の乗り方をみる、真似る、トレーニングの仕方でみんなと意見を交わすなど・・
自分一人でやっていくトレーニングは、よほどの経験がないと限界があります。

同志がいるって、本当に心強いです・・
gotenba4.jpg


さて、今回の合宿中に行われた第三回経路会はプログラムまである、
今までとはちょっと異なる本格的なものでした。
gotenba5.jpg

約50名ものスタッフと、審判員を目指すクレイン審判アカデミーの方々が参加された
今回の経路会、準備や進行は、馬場部のメンバーで行われました。

馬場部のメンバーも少しづつ運営(裏方)に慣れてきたみたいです(笑)
gotenba6.jpg

そして何より、経路会に欠かせない審判員の方々、
いつも遠いところまでお集まりいただき、本当にありがとうございます。

クレインとしても、できる限りこのような機会を多く設けたいと考えておりますので、
今後も、ぜひともご参加いただきたく、よろしくお願いいたします。
gotenba7.jpg

今回の経路会では、A2、A3、指導者初級認定、そしてL1課目が行われました。
これから競技を目指したいスタッフや、馬場の勉強がしたいスタッフにとっては
得ることの多い1日になったと思います。

初級認定課目に関しては演技終了後、参加したスタッフを集め、
この課目のポイントと、どういう馬を選ぶべきなのか、
入場後の停止の際の手綱の使い方、図形運動に関してなど、
事細かく、瀬理町先生自らご説明がありました。

gotenba8.jpg

瀬理町先生のこのような説明、なかなか聞けません!!
説明を聞いたスタッフのみなさん、
各クラブへ戻ったら、他のスタッフにも教えてあげて下さいね。
gotenba9.jpg

競技会さながらの経路会、
参加したスタッフたちはどのように感じたのでしょうか・・

普段の練習通りにできた、競技場では馬が変わった、馬場の中に入ると馬がかたくなる・・など、
それぞれの内容に課題を残し、自分たちのクラブへ戻ったのではないでしょうか。

今回得た新たな課題と、今後に向けて学んだやり方を自ら実践し、
競技や指導者試験に役立ててほしいですね。
gotenba10.jpg

最後には表彰式まで準備されていた経路会、
入賞者にはクレインマークのついたリボンのキーホルダーが貰えたのです♪
gotenba11.jpg
やっぱりこういうものがあると、みんな嬉しそう!
gotenba12.jpg

gotenba13.jpg
次は秋、三木で第4回経路会を実施予定です。
まだ参加されたことのないスタッフの方々、ぜひお待ちしております!

そして7月1日(金)から三日間、御殿場馬術競技場で全日本馬場馬術大会が開催されます。
馬場部から出場するメンバーも多数おりますので
みなさま、ご声援をどうぞよろしくお願いいたします!
gotenba14.jpg

元持