競技や練習以外の馬たちって何をして過ごしているの??

こんにちは。
クレインの障害馬術取材チームです。

つま恋乗馬倶楽部で行われたJAPAN OPEN 2016 第1戦の最終日の結果に行く前に...。

これまでも競技中や練習中の馬の様子は幾度となくお伝えしてきましたが
私自身、それ以外の長い時間を馬たちがどう過ごしているのかは
あまり見てこなかったので、今回は馬たちとじっくり向き合ってきました!

じっくり向き合おうと思ったのですが...
どの馬も馬房の中では暴れることも騒ぐこともじっと壁のほうを見つめています。

201604168.jpg
※写真:私のことは認識していても振り向いてはくれない馬...(涙)

馬のお世話をしてくれるグルームの方に「馬って壁が好きなんですか?」とお聞きすると
「????そんなことないと思いますけど????」との回答。

グルームの方が馬房に入ってくるだけで
馬たちは体勢を変えてこちら側に歩み寄ってくるのです。

馬の視野は約350度あるといわれていて、真後ろ以外のほとんどの範囲を
見ることができるそうです。

だから、壁のほうを向いていても、もちろん私がいることは認識しているのですが
振り向くメリットがないから向いてくれないんですね~。

201604169.jpg
↑確実に私のことも認識している目です(笑)

でも、いつもお世話をしてくれたり、エサをくれるグルームの方と比べ
競技の時だけやってくる私では納得の結果です。

それでも名前を読んだら来てくれるかも!?とい甘~い期待を抱き
CRNベガスでチャレンジ!...するもあえなく玉砕。
耳だけピクッと動いたもののそれ以外は微動だにしませんでした(笑)

グルームの方や中野選手にはあんなに従順なのに...
でも女の子はそれくらいはっきりしていたほうがいいのかもしれませんね。

2016041610.jpg

そんなところに、引き馬から戻ってきた徳田選手とパートナー馬。
ふわふわな馬房ばかりではなく、たまに引き馬で堅い地面を歩かせることで
足に刺激を与え、血流を良くしているそうです。

徳田選手が馬房に返そうと思っても、「まだ外でお花を見ていたい!」と言わんばかりに
戻ろうとはしません。

「自分の言うことには全部反抗するんですよ~」と徳田選手。
競技を見ればそれが冗談とはわかりながらも勝手に仲間意識を持たせてもらいました(笑)


そして、次は馬たちが待ちに待ったお食事タイム!
一頭一頭専用のバケツにエサと水を入れてもらいます。
2016041611.jpg

どんなご飯を食べているのかな?と覗いてみると馬によって違いはあるものの
みんなおいしそうに"ゴリッゴリッゴリッ"と食べています。

2016041612.jpg20160413.jpg
※写真:馬のエサ。馬によってどちらか1種類のエサをあげています。

最後はメンテナンスタイム!
競技中に選手が感じた違和感を獣医師さんに伝え念入りにチェックしてもらいます。
この日、CRNベガスは口の中やカラダ、脚を診てもらっていました。

2016041613.jpg
※写真:CRNベガスと獣医さん

障害馬にとって脚のケアはとっても大事です。
そもそも大きな体を細い脚で支えているうえに、ジャンプの衝撃も加わります。
全ての競技が終わると、タフロックという"塗るシップ"を脚につけ
さらに上からバンテージを巻いてケアしています。

2016041614.jpg2016041615.jpg
※写真:(左)タフロック、(右)バンテージを巻いている所

いかがでしたでしょうか?
競技や練習中以外に馬がどんなことをして過ごしているか
(ほんの一部ですが)お届けいたしました!

次回のブログでは、大荒れの展開となった最終日について
ご紹介させていただきます★

2016041616.jpg
※写真:横になって休んでいるなんて珍し~☆

選手も馬も好調♪JAPAN OPEN2016第1戦

こんにちは。
クレインの障害馬術取材チームです。

これぞ春のぽかぽか陽気となった4月16日に
つま恋乗馬倶楽部で行われたJAPAN OPEN 2016 第1戦に行ってきました!

JR掛川駅を降りると、お茶関連のお土産や飲食店が目に入り
「あぁ静岡県に来たんだな~」と実感します。

201604161.jpg

私が到着する前日の競技会1日目(15日)は
◆木下建太郎選手(クレイン千葉)とアガイティーダがEグレード標準障害で優勝
◆森裕悟選手(クレイン東京)とブロードウェイがCグレード標準障害で優勝
◆中野善弘選手(東武乗馬クラブ&クレイン)とCRNベガスがBグレード標準障害で優勝
◆徳田成朗選手(東武乗馬クラブ&クレイン)とCRNコスタブラバがAグレード標準障害で優勝
など、全体的に選手も馬も調子が良く好成績と聞いていたので
期待値がとても上がった状態で会場に向かいました♪

4月のつま恋乗馬倶楽部は
競技中や練習中の選手を撮影すると、ピンク色の花々や青々とした芝生が
一緒に写りこみ本当に絵になります。

201604162.jpg201604163.jpg

さて、乗馬日和となった競技会2日目。
Cグレード標準競技で、中野善弘選手(東武乗馬クラブ&クレイン)とコルンブルーメが
優勝しました!

201604164.jpg
※写真:中野選手とコルンブルーメ

コルンブルーメ...初めて聞く名前。。。
ということで、中野選手に聞いてみました!

中野選手「コルンブルーメは、ドイツ生まれの障害馬で
クレインに来たのは1か月弱前です。今は馬の実力をみつつ調教中なんですよ。」

クレインに来て早々良い結果が出て、幸先がよいですね。今後に期待です!

そしてAグレード標準競技では
木下建太郎選手(クレイン千葉)とキープユアタッチが2位に!

「キープユアタッチ」は聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか??

201604165.jpg201604166.jpg
※写真:(左)木下選手とキープユアタッチ、(右)表彰式

キープユアタッチはオーストラリア生まれの障害馬でもともと気の強い気性で
跳躍力が非常に高くてもムラのある性格もあり、競技では中々いい結果が出せませんでした。
しかし、障害馬術のリオ・オリンピック地域予選競技会でも活躍したクレインの桝井俊樹選手が
3年かけて調教し、2009年にスイスで行われたワールドカップの大障害部門に
日本代表として出場するまでになった馬です。

今年から木下選手とペアを組み始めているのですが
今後、どんな結果を出してくれるか楽しみです!

2日目もクレインの選手と馬たちは好成績で馬房には
たくさんのリボンが飾られていました。

201604167.jpg
※写真:入賞した馬に送られるリボン

次回以降のブログでは、競技中以外の馬の様子や最終日の結果などについて
ご紹介させていただきます★


世古和選手が「中野浩一のフリートーク」に出演

こんにちは、高橋です。
乗馬クラブクレインに所属する陸上選手、世古 和(のどか)がラジオ番組に出演します。
収録の様子が届きましたのでご紹介いたします。

--------------

以前、障害馬術の中野善弘選手も出演した「中野浩一のフリートーク」に
陸上の世古和選手も出演します!

seko1.jpg

世古和選手の回は、TBSラジオと名古屋・CBCラジオ、大阪・朝日放送の3局で
・2016年4月23日(土)
・2016年4月30日(土)
に放送されます。

※時間が局によって異なりますので、ご注意ください。
=============
TBSラジオ:17:00~
名古屋・CBCラジオ:16:45~
大阪・朝日放送(ABC):12:15~
=============

seko2.jpg
※写真:収録の様子

中野浩一さんと木村郁美アナとの掛け合いの中で
◆実は中野浩一さんと世古選手のお父さんは一緒に陸上競技で戦ったことがあった!
◆試合前日には必ず「お寿司」が世古選手のMyルール
◆100mのタイムは練習中には計らず、試合で記録が出るの楽しみにするタイプ
といったトークを繰り広げています。

5月上旬にはリレー代表として、6月には個人(100m女子)として
リオデジャネイロオリンピックに出場できるかが決まる世古選手。

リオへの手ごたえや意気込みも聞くことができますので
是非お聞きください☆

--------------

このあと、4月29日エディオンスタジアム広島で行われる
第50回織田幹雄記念国際陸上競技大会女子100mに出場する世古選手。
また、リポートが届きましたらご紹介いたします。

高橋

このあといかに・・・

4/16,17はドレッサージュホースショーへ

みなさんこんにちは。
元持です。

今日は、みなさまに嬉しいお知らせがあって
ブログを書いてみました!

来たる4月16日(土)~17日(日)
クレインオリンピックパーク(奈良県天理市)で
『ドレッサージュホースショー』が開催されます!パチパチ~

クレインオリンピックパークは公認競技も開催できる施設なのです!

op.jpg

みなさん、お時間があればぜひ一度覗いてみてはいかがですか?
『奈良県かぁ・・住まいは関東だしちょっと遠いなぁ‥』

朗報です(#^.^#)

今回の『ドレッサージュショー』はライブ中継を行います!
サイトはこちらからどうぞ↓
http://www.ustream.tv/channel/jef-official?lang=ja_JP

しかも!!

公認競技のLクラス・Sクラス・セントジョージ賞典のクラスには
我らが瀬理町先生の解説付♪

解説があると各運動課目がどのようにジャッジされているのかがわかり
とても勉強になりますよ。

見ているだけで目の保養になる『馬場馬術競技』(*^。^*)

家で競技映像が見れる!という・・普段ではなかなかない機会です

どうぞお見逃しなくっ!

op2.jpg

スケジュール16日(土)

7:00~ JEF 馬場馬術競技M1課目2013
10:30~ JEF 馬場馬術競技S1課目2013
11:15~ FEI セントジョージ賞典馬場馬術課目2009
12:15~ FEI グランプリ馬場馬術課目2009
12:45~ JEF 馬場馬術競技L1課目2013
18:00~ 表彰式

スケジュール17日(日)

8:30~ JEF 馬場馬術競技M2課目2013
11:15~ JEF 馬場馬術競技S2課目2013
12:15~ FEI セントジョージ賞典馬場馬術課目2009
13:00~ FEI グランプリS馬場馬術課目2009
13:45~ JEF 馬場馬術競技L2課目2013
17:15~ 表彰式

サイトはこちらからどうぞ↓
http://www.ustream.tv/channel/jef-official?lang=ja_JP

オーストラリア遠征リポート

こんにちは、高橋です。
以前、このブログでご紹介しました、乗馬クラブクレイン所属の陸上選手、世古 和(のどか)が、
オーストラリアから今シーズン開幕しました。

アメリカから帰ってきて、沖縄で合宿していた世古選手、宮古島の人と環境に癒されながら、
トレーニングに集中できたようです。

--------------
miyako4.jpg
昨年の2月に宮古島で合宿を行った時、島の人はとても暖かく、
自然がとても綺麗で、合宿がしやすい立地や気温から、今年も宮古島で行いました。

陸上競技は、人と競う競技で、試合が近づいてくると、より気も張りつめてしまいますが、
時が止まったように穏やかで、海も日本一綺麗な宮古島で合宿をすると、心の休憩をすることも出来ました!

miyako1.jpg


そして、鹿児島合宿へ・・・

--------------
鹿児島合宿は、バトン練習のみの合宿となりました。
2月ぶりに集まって、さらに本番に近いバトンパス練習を行いました。
オリンピック出場権を目指し、JAPANチーム一丸となり、バトンを繋ぎます。
kagoshima1.jpg

合宿が終わると、そのまま、オーストラリアオープンに出場するため、シドニーに向かいました。

初戦を海外で迎えるのは、初めてでしたが、アメリカでの経験もあり、
普段通りに試合を迎えることが出来ました。

Sydney2.jpg
こんな感じで、クッションに座ってラフなスタイルで観戦することが出来ます。
また、日本とは違う観戦スタイルで、みなさんとても楽しそうです。
走る側としてもとても楽しかったです。

100mの結果は、セミファイナルで1/1000秒差で決勝に進むことは出来ませんでした。
1/1000秒でも着順は決まってしまうので、あともう一段階レベルUPして
4/29広島で行われる、織田記念に向けて頑張りたいと思います。

Sydney3.jpg
夜の試合は、ライトUPされてモチベーションも上がります。
決勝は夜だったので、走ってみたかったです。。。

--------------

4/29は広島での織田記念に臨む世古選手、頑張ってほしいです!

本日はこの辺で、また、リポートが届きましたらご紹介します。

高橋

馬場部新シーズンスタート!

みなさんこんにちは、元持です。
数か月ぶりのブログ更新です。

3月28日~29日にかけて馬場合宿が三木で行われました。
12月のテスト以来ですから、馬場部のみんなと会うのも久しぶりです。
みんなの馬、どんな風に変わってるかなぁ・・と少し楽しみな私です。

朝6時前・・続々と馬運車が到着します・・

b-1.jpg
※馬運車とは、馬を運ぶ専用の車です。

今回、乗馬クラブクレインのスタッフは3月29日(月)から合宿スタートだったのですが、
ジュニアメンバーのみんなはちょっと前乗りして26日(土)から合宿に入っていました。

b-2.jpg
馬場馬術を学ぶ、ジュニア会員メンバーです。

ジュニアのメンバーは本当に吸収するのが早くって・・
見ていて驚きます。
会う度に成長している気がします。

b-3.jpg

きっと何の疑念もなく、瀬理町先生から言われたことを信じて
そのまま純粋に行動に移せる、からなんですよね。
それって強い!って思いました。

やっぱり、クレインの選手たちのように経験があると、良くも悪くも自分の経験を通して得たものがある分、無意識に自分の意思が働いてしまう部分ってあるんじゃないかなぁと思いました。(勝手な所感)

b-4.jpg

スタッフも、試行錯誤しながら自分の『乗り方』を改善していこうと必死です。
この場で吸収できることは全て吸収しきって新たな課題を見つけ、
またそれぞれの場所で日々練習に励みます。

b-5.jpg


馬を思い通りに動かすというのは、本当に難しいことです。
実はこのような場にくると、普段の練習をどのように実施しているのか、
何となく見えてくる部分があります。

例えば『停止』のとき、4肢がバシッと揃って真っ直ぐに停止ができているのは、
2頭だけでした。(※団体戦の経路のときのことです。詳細は後程・・)
そこだけを見ても、『あぁ~、この人馬は普段からきちんと練習しているな』と
感じさせられる部分がありました。

b-6.jpg

大切なことは、普段のトレーニングで積み重ねてきたものを
競技や本番で発揮できるということです。
簡単なようで、難しいです・・

お~っと!練習の合間で瀬理町先生から『集合~』がかかりました。
どのようなお話だったのかは・・・ご想像にお任せします(笑)

b-7.png

たくさんのことを学んで終わった1日目の練習・・
爽やかな夕方の風を感じながら、
みんなはこの1日をどのように振り返ったのでしょうか・・

b-8.jpg

その日の夜、みとろ荘のある部屋では2日目に向けての作戦会議が・・!?
実は、2日目にジュニア4名対クレインスタッフ4名の団体戦が行われることになったのです!

最近の合宿では、よくビデオを撮っています。
自分の騎乗姿、経路を確認するには、この上ない上達方法の一つですからね。

この日は、ビデオを見ながら自分の騎乗を再確認!
瀬理町先生から良かった点と、もっと変えていかなければいけない点を
説明を交えて教えてもらい、明日に備えました・・ZZZ

そして迎えた翌日・・決戦の舞台です!

b-11.jpgb-10.jpg

練習を見ている感じでは、圧倒的にジュニア優勢だったのですが・・
本番では残念ながらイレギュラーなミスが起こってしまいました(+o+)
そういう部分では、さすが経験豊富なスタッフたち!
お見事!逆転勝利でした!!

でも、もしジュニアたちのイレギュラーがなかったら、
結果は間違いなくジュニアの勝利だったと思います。
ミスなく演技を終えるというのは、勝つ上でものすごく大切なことですね。

練習では上手くいっていたことが本番では力を出し切れなかったり、
色んな突発的な出来事が起こりやすくなります。
今回の経験を糧に、全日本という場では全力を発揮してほしいです!

b-12.jpg

それぞれみんな知識を求め、実行し、絶えず現在の技を向上させようと努力し、
今に至っています。
そこには想像を越える大変さがあります。
でもここにいるメンバーは、結果を求めなければいけない立場にあることを
理解しているから頑張れるのです。

b-13.jpg

そして瀬理町先生は時に厳しく、時に面白おかしく、みんなに喝を入れてくれます。
つまり・・・馬場部はいつも、笑いあり、涙ありの青春物語そのものっ!ということです(笑)

b-14.jpg

今回の合宿は始まりにすぎません。
馬だってそう、
やらなければいけないことはまだまだたくさんあります。
1日1日を大切に、7月から始まる全日本パートⅡへ向けて前進するのみ!

そして会員の皆様、いつも差し入れなど、お気遣いいただき本当にありがとうございます。
選手たちもご期待に沿えますよう、今後も精進して参ります。
これからも、ご声援をどうぞよろしくお願いいたします!

b-15.jpg

元持