競技馬を支える獣医さんと装蹄師さん

全日本障害馬術大会2015PartⅠを取材にいった私たちが出会ったのが
競技馬を陰でサポートしてくれている獣医さんと装蹄師さん。

競技馬をどういった形でサポートしてくださっているのか、お話を伺いました。

===
◆古川雅樹 獣医師 (有限会社 大和高原動物診療所)

古川獣医師は、クレインの子会社である大和高原動物診療所の副所長で
獣医歴17年のベテラン獣医さんです。
furukawa.jpg

Q.今大会にはどういった形で関わっていらっしゃるのですか?
A.獣医師としての競技会への関わり方は「チーム獣医」と「(競技会役員)救護獣医師」の2通りあります。今回、大和高原動物診療所は競技会の救護獣医師を任せられているため、競技会に参加する全ての馬を診る立場として来ています。

Q.競技期間中はどのようなお仕事をされるのですか?
A.調子が悪そうにしている馬がいる場合や選手からの相談に応じて馬を診察し、
最適な処置をするというのが重要な役割だと考えています。

そのため、競技中もできる限り馬のコンディションを見ていますが
特に準備運動時の馬の様子はよく見るようにしています。

準備運動時に些細な異変に気づくことが
大きなトラブルを回避することにもつながるからです。

それでもやっぱり救護獣医師としては、仕事がないのが一番良いことですよね。

Q.競技会以外ではどのようなお仕事をされているのですか?
A. 基本的には全国32か所のクレインにいる馬の定期健診や病気や体調不良、ケガをした馬の処置を行っています。
大和高原動物診療所は、大阪と茨城に診療所があり9名の獣医師が在籍しているのですが、馬を診療所まで連れてくることはできないので、必要な医療道具や薬を全て車に積み込み、我々獣医師が診察に行くというスタイルで対応しています。


◆別府宏紀 装蹄師 (有限会社 ファーリアーズ)

別府装蹄師は、東武乗馬クラブ&クレインやクレイン伊奈、千葉にあるクレインの一部の
装蹄を担当してくれている装蹄師さんです。

東武乗馬クラブ&クレインにいる馬は、すべて別府さんが装蹄を担当してくれているため
今回は東武から出場する4頭の様子を見に来てくれたのです。
beppu.jpg

Q.競技に際して、装蹄師さんはどういった形でサポートしてくださっているのですか?
A.今回もそうですが、クレインの皆さんは大会前に合宿を行っていますよね。ですので、合宿前に改めて装蹄をし直して、送り出しています。

競技会役員の装蹄師として参加する場合は、トラブルがあったときの対処なども行いますが、今回はその立場ではないので、自分が装蹄を担当した馬たちの様子を見に来ました。

Q.具体的に装蹄というのはどういった作業をするのでしょうか?
A.馬一頭一頭に合わせて、形や大きさを変えて馬が歩きやすい(走りやすい)蹄鉄を作ります。クランポンホール(スパイクを入れる穴)を作るのも装蹄師の仕事です。
装蹄にかかる時間は、一頭あたり1時間くらいですね。

Q.どのくらいの頻度で装蹄を行うのですか?
A.季節によって若干異なりますが、馬は1か月で約8mmツメが伸びます。
そのため、約40日で装蹄をし直しています。
(馬によっては、もう少し早く打ち替える場合があります。)

Q.人間より頻繁に靴を履き替えさせてもらえるんですね!
A.そうですね(笑)

===
古川獣医師、別府装蹄師、ありがとうございました!

馬術競技を開催する上では、獣医師や装蹄師の他にもたくさんのスタッフが
サポートをしてくれています。

機会があれば、そういった方々にもインタビューをさせてもらい
皆様にお届けしたいと思います!

2015年障害馬術の日本一を決める戦い...その結果は!?

さて、いよいよ「第67回全日本障害馬術大会2015PartⅠ」の最終日です!

朝から小雨が降る中、「中障害飛越競技A(決勝)」が始まりました。
クレインから5人馬が出場する中、中野正幸選手とザ・ムーランが
障害物を一つも落とさずに走行!
タイム減点を-1取られてしまいましたが10位に入賞しました!!
syougai3-1.jpg
※写真:中野正幸選手とザ・ムーラン
syougai3-2.jpg
※写真:中障害飛越競技A(決勝)の表彰式

「タイム減点」という言葉が出てきましたが
障害馬術競技を観戦する上で覚えておきたいのが「障害減点」と「タイム減点」です。

「障害減点」というのは、障害物を落下させた際にとられる減点のことで
一つの障害物にかけられたバーが何本落ちても減点4となります。

また、「タイム減点」ですが
どの競技にも、『規定タイム』と『制限タイム』が設けられており
標準競技では規定タイムを4秒超過するごとに減点1となり、規定タイムの2倍の秒数で設定される制限タイムを超過すると失権となります。

分速375mで規定タイムを算出するため
全長500mのコース設定だった今回の中障害飛越競技Aの規定タイムは80秒でした。

中野正幸選手とザ・ムーランは80秒に一歩届かず、80.25秒だったため
減点1を取られてしまいました。本当に惜しかったです!


さて、続いて行われたのが「全日本障害飛越選手権」!
2日目・3日目に行われた大障害飛越競技での予選を突破した人馬が参加し
2015年のNo.1を決める注目度の高い競技です。

朝の曇り空が嘘かのように晴れ、青空の下で競技が開始されました。
syougai3-3.jpg

そして...
クレインから唯一、全日本障害飛越選手権へと進むことのできた
徳田成朗選手とコスタブラバが10位に入賞しました!!
syougai3-4.jpgsyougai3-5.jpg
syougai3-6.jpgsyougai3-7.jpg
※写真:徳田選手とコスタブラバのジャンプ
syougai3-8.jpgsyougai3-9.jpg
※写真:(左)表彰式の様子、(右)ウイニングラン
syougai3-10.jpg
※写真:表彰式の徳田選手

表彰式後の徳田選手とコスタブラバを直撃!
ロッドコーチも「経験の多い人馬が入賞する中で、今回の結果を出せたことは素晴らしい」とおっしゃっていました。
syougai3-11.jpgIMG_2163.jpg
※写真:(左)表彰式直後の徳田選手とコスタブラバ
      (右)ロッドコーチに結果を報告する徳田選手

「中障害飛越競技B(決勝)」は残念ながらクレインの選手は入賞できませんでしたが
2016年も選手の活躍に期待していてください!!


大会が終わると一斉に帰り支度の始まりです。

馬たちは輸送の際の身支度をしてもらい、選手やグルームの方たちは
厩舎に敷き詰めてあった藁を片付けたり、馬運車に荷物を積み込んだり...

syougai3-12.jpgsyougai3-13.jpgsyougai3-14.jpg
syougai3-15.jpgsyougai3-16.jpg
※写真:(上段)足やしっぽをプロテクトし、馬運車に乗り込みます
(下段)厩舎の藁を片付けたり、大量の荷物をお片付けする選手とスタッフたち

撤収作業が終わったころには、月がきれいに見えるくらい真っ暗に...。
雨が降ったり気温が低く寒い中、応援に来て下さった皆さん、ありがとうございました!!
syougai3-17.jpg

決勝進出がかかった「全日本障害馬術大会」3日目の結果は!?

前回に続き、障害馬術取材チームより
決勝進出がかかった「第67回全日本障害馬術大会2015PartⅠ」3日目の
競技結果についてレポートさせていただきます!

3日目は朝から曇り空。。。
途中から雨も降りだし、今季初の手袋とマフラー、カイロを持参しての取材となりました。

選手たちはどんなに雨が降っていても正装のジャケット姿で競技に出場しますが
さすがに練習時は雨除け&風除けになるコートを着て寒さを凌ぎ
馬たちも馬場が雨で滑りやすくなっていたため、蹄鉄にスパイクをつけるなど雨対策をしての出場となりました。

zennihon1.jpg
※写真:あったか装備の選手たち

zennihon2.jpg
※写真:スパイクをつけた状態

zennihon3.jpgzennihon4.jpg
※写真:(左)スパイクをつけるための穴[クランポンホール。いつもは綿が詰まっています]、(右)ネジ状になっているスパイク
「ちょっと写真撮らせて~!」と寄って行くと後ろ足をあげポーズしてくれました(笑)

さて、決勝進出のかかった3日目は、各種目「標準競技」という
障害物の落下が減点となり、減点が少ない人馬が上位となるルールで行われました。

今大会から出場順は前日(2日目)の成績のリバースオーダー(成績の良かった人馬ほど出番が後になる)という形式が採用されたため
試合後半になるほど、上位入賞者が入れ替わるというドキドキの展開でした。

それでは、まず「中障害飛越競技A(標準)」の結果から!
◆中野善弘選手(東武乗馬クラブ&クレイン)とCRNベガス...2位
◆中野正幸選手(ニッケ乗馬クラブクレイン加古川)とザ・ムーラン...8位
と、2名の人馬とも減点ゼロの成績で入賞しました!

zennihon5.jpgzennihon6.jpg
※写真:(左)中野善弘選手、(右)中野正幸選手

表彰式後.jpg
※写真:表彰式後の中野善弘選手と中野正幸選手

2日目・3日目の成績から、「中障害飛越競技A」では
中野善弘選手、中野正幸選手、伊濱武史選手、木下建太郎選手、泉早也圭選手が
決勝競技に進めることになりました!

次は「大障害飛越競技(標準)」!
大障害飛越競技はグラスアリーナ(芝生の馬場)で行われました。

zennihon8.jpg
※写真:グラスアリーナ
 写真からもお分かりいただけるように、どんどん天候が崩れ、雨が降る中での
 競技となりました。

下見開始のベルが鳴ると同時に選手やコーチたちが馬場に入り
走行ルートや障害物の間を何歩で進むかなどを確認します。
こうして人間と障害物が並ぶと、いかに障害物が高いかがわかりますよね!

zennihon9.jpgzennihon10.jpg
※写真:(左)下見開始のベルが鳴り入場する選手たち、(右)走行ルートや障害物の間を何歩で走行するかを確認する選手たち

「大障害飛越競技(標準)」には、クレインから3人馬が出場。
残念ながら入賞には至りませんでしたが、徳田成朗選手(東武乗馬クラブ&クレイン)と
コスタブラバが決勝へと駒を進めることになりました!

zennihon11.jpgzennihon12.jpg
※写真:徳田選手とコスタブラバ

そして最後に行われた「中障害飛越競技B(標準)」にはクレインから8人馬が出場。
入賞には至らなかったものの
伊濱武史選手と重枝佑佳選手が決勝に進めることになりました。

zennihon13.jpgzennihon14.jpg
※写真:(左)伊濱選手、(右)重枝選手

さぁ、次はいよいよ決勝競技です!

2015年のNo.1を決定する「全日本障害馬術大会2015PartⅠ」が開幕

こんにちは。障害馬術取材チームです。

11月12日~15日にかけて世田谷区・馬事公苑で行われた
「第67回全日本障害馬術大会2015PartⅠ」に取材に行ってきました。

"全日本"という大会名からもわかるように
日本で一番強い人馬を決定する大会です。

そのため、誰でも出場できる大会ではなく、年間を通し
一定以上のポイントを獲得している人馬だけが出場できる
いわば障害馬術のトップ選手が集まる大会なのです。

全日本障害馬術大会は、2日目(13日)・3日目(14日)にそれぞれ行われる
中障害飛越競技Aと大障害飛越競技、中障害飛越競技Bが予選となり
2日間の結果から、予選を通過した人馬のみが最終日(15日)の決勝に進めるという
ルールで行われました。

nagare.png

※1 障害馬術を大きく分けると、障害物の落下が減点となる《標準競技》と落下をタイムに換算する《スピードアンドハンディネス》があります。標準競技では減点が少ない人馬が上位となり、最小減点が複数いる場合には、その中で最もタイムの早い人馬が優勝するという方法と、ジャンプオフと呼ばれる優勝決定戦を行う方法とがあります。スピードアンドハンディネスでは落下による過失をタイムに換算して、実際の走行タイム(スタートラインからゴールラインまでにかかったタイム)に加えたタイムが早い人馬が上位となります。

※2 スピードアンドハンディネスと標準競技における順位の合計点で判断し、合計点の少ない人馬ほど上位になります。


さて、13日(金)朝8時半から始まった
第1競技「中障害飛越競技A(スピードアンドハンディネス)」。

48人馬が出場する中
◆中野善弘選手(東武乗馬クラブ&クレイン所属)とCRNベガスが、総タイム64.13秒で2位
◆泉早也圭選手(乗馬クラブクレイン京都所属)とチアーズが、総タイム72.96秒で10位
◆伊濱武史選手(東武乗馬クラブ&クレイン所属)とリューデスグランが総タイム73.48秒で12位
と、クレインの選手が3名も入賞しました!

hyousyou.jpghyousyou2.jpg
※写真:(左)表彰式の様子、(右)表彰式後のスリーショット[左:伊濱選手、中央:中野選手、右:泉選手]

各選手のジャンプも是非ご覧ください!
nakano.jpg
※写真:中野選手

ihama.jpg
※写真:伊濱選手

izumi.jpg
※写真:泉選手

初日に上位に入賞すると、失権など余程のことがない限り決勝に進める可能性が高いため
初日をどう戦いどう勝つかがとても重要になってくるんですね。

その後行われた第2競技「大障害飛越競技(スピードアンドハンディネス)」では
クレインから3人馬が、また、第3競技「中障害飛越競技B(スピードアンドハンディネス)」では8人馬が出場しました。

スピードアンドハンディネスは、一つ障害物を落とすごとに4秒加点されますが
総タイム(走行タイムに障害物の落下を秒数換算したタイムを加算したもの)が
早い人馬が勝つため、どの選手もターンを小回りにしたり、障害物の間を早く駆け抜けるなどスピード感のある走行を見せてくれました。

第2・第3競技で、クレインの選手は入賞こそ逃したものの、今回は最終日の決勝がメインです!
3日目の標準競技で巻き返し、大障害飛越競技では上位20人馬に、中障害飛越競技Bでは
上位60%に入ることができれば決勝へと駒を進めることができます。

まだまだ試合の行方はわかりません!
3日目の標準競技の結果と決勝については次回以降のブログでご紹介します☆

全日本馬場馬術大会パートⅠ

こんにちは、元持です。

先週11月6日~8日にかけて、
三木ホースランドパークで全日本馬場馬術大会パートⅠが開催されました。

天候にも恵まれ、まさに馬術大会日和の三木ホースランドパーク、


DSC_0314.JPGのサムネール画像のサムネール画像


厩舎の方に行ってみると・・
いつでもみんながリラックスできるよう、お茶菓子や飲み物を準備してくださっている
会員の皆様、いつも本当にありがとうございます。


あっ、私が到着した時にはすでに出番表まで・・
川上家お父様、いつもありがとうございます。(感謝)

出番

今回パートⅠに出場した選手は下記8名です(順不同)

------------------------------------

瀬理町芳隆(大阪)
川上 藍(大阪)
白石和也(加古川)
伊藤昌彦(東京)
小林玲子(伊奈)
富川宏樹(OP)
武田亜紀(東武)
菅野圭一(東武)

------------------------------------


パートⅠともなると、出場人馬のレベルも上がるので
そこで結果を残すのは容易ではありません。

より高いパフォーマンスと演技力、
審判を意識して騎乗することが求められます。

例えば、馬場に入場する前、
外周をまわるときなどは、審判に苦手な部分を見せないよう、
得意な部分をアピールしておくことも必要です。
演技は、外周をまわっているときから始まっていると言ってもいいかもしれません。

そのようなコツも、あるのとないのとでは違いますからね。

今回はいつものジュニアメンバー、
宇田川祐美さんと日樫萌希さんが応援且つお手伝いに来てくれました。
本当に助かります。。。わざわざ遠くから、ありがとうございました!

ハート.jpg


選手の競技生活は、グルームの方々、そして獣医や装蹄師、
そして指導者によって支えられています。

競技となると、選手と馬だけが注目されがちですが、
周囲からのサポートがあるからこそ、選手たちは競技に専念できるんですよね。


daichi .jpg


そして選手たちも、そのサポートに応えたいという思いでいっぱいです。


競技.jpg


今回の結果は下記の通りでした(順不同)

----------------------------------------------

1日目予選
4位  白石和也 エヴァンクール (Mクラス)
4位  小林玲子 ヴォルテール (Lクラス)
13位 冨川宏樹 タクト (Lクラス)

2日目決勝
5位 白石和也 エヴァンクール (Mクラス)
7位 小林玲子 ヴォルテール (Lクラス)
9位 冨川宏樹 タクト (Lクラス)


2日目予選
4位 瀬理町芳隆 レグルス (グランプリ)


3日目決勝
3位 瀬理町芳隆 レグルス (グランプリ)

-----------------------------------------------


課目にもよりますが、優勝者は65%~69%近い得点率が
出ており、とてもレベルの高い競技でした。

もちろん優勝を狙ってみんながんばっているわけですが、
個人個人の目標もあって、一昨年よりも昨年、昨年よりも今年、
という順序で少しずつ順位の上がってきている人馬もいます。

それはそれで成長を感じられ嬉しいものです。

とみ.jpg


みなさんも結果だけではなく、前回と比べてどうか、というところも
意識してみてくださいね。その馬と選手の成長が感じられるかも・・!

3日目は決勝で瀬理町先生がグランプリ課目で3位に入賞!
馬に乗っての表彰式が行われました。

表彰式

せっかくやるなら目指すところは高く!

来月12月はまた馬場部のメンバーが揃い、合宿が行われます。
来年度に向けてまた新たなスタートを切るのです。

皆様の暖かいご支援を
今後ともよろしくお願いいたします。


あっ、最後に・・・
3級審判の方からご質問をいただいていたので
この場を借りて答えたいと思います。

下記写真をご覧ください。

質問:「審判とセクレタリーはわかるのですが、
        もう1名おられるのは何のためですか?」


ジャッジ.png

答え:「この方は、これからFEIの審判員資格を
            取得しようとしている方のようです」

クレインの3級審判からも、
いつかはFEIの審判資格をもった方が出てこられるかもしれませんね。

それでは今回はこの辺で・・
また来月の合宿ブログをお楽しみに~


元持

馬場合宿&経路記録会~影の立役者の巻~

みなさまこんにちは、元持です。

10月26日~28日にかけて、恒例の馬場合宿&経路記録会が行われました。
※ブログ更新をお待ちいただいていたみなさま、
更新が遅くなってしまい、すみません・・


合宿の内容をお伝えさせていただきながら、
今回は馬場部を影でも支えている方たちの
知られざるお仕事ぶりをご紹介したいと思います。

当日は素晴らしい晴天に恵まれて合宿スタートです♪


ジャッジ.jpg


さて、私は今まで皆様に合宿の内容をメインにお伝えさせていただいてきたのですが、
今日は、この合宿のために何日もかけて段取りを組み、色々と手配してくださっている
有山哲哉さん(千葉事業所所長)をご紹介したいと思います(パチパチ~!)

このような合宿を行うためには、選手としてだけではなく、
影で馬の輸送の手配、馬房の割り振り、お弁当、宿泊の手配などなど・・を
いつも準備してくれている有山所長がいます。

有山所長なしでは、馬場部の合宿は成り立たちませんよ!というくらい
色々な役目をしてくれているのです。


ari .jpg

所長として、選手として、馬場部の統括として、様々な仕事を熟しながら
忙しい日々を送っているのです。

そんな有山所長のパートナーはリッチオーネ。
9歳のウォームブラッドです。


リッチ.jpgのサムネール画像


自分の騎乗姿を見て学ぶということも、とても重要。
誰かにビデオを撮ってもらっておくと、後で役に立ちます。
自分の思っていた乗り方と違う、想像していた馬の動きと違う、
というようなことは良くあることですからね・・

ここに集まっている馬場部の選手たちは普段は一人で練習をしています。
そういう意味では、人に見てもらいアドバイスをもらうという機会があまりありません。
ですので合宿は何かを得られる、または何かを変えるチャンスなのです!

もちろん、普段誰にも見てもらえないからできない・・
などという言い訳は通用しません・・
競技で勝つためには、人並み以上の努力が必要なのですね。

経路記録会では結果もきちんと選手たちに配られるので、
競技さながらの良い機会となります。


chiba.jpg


今回の合宿では、以前と変わったなぁと感じる馬が1頭いました。
他の馬が変わっていないというのではなく、
その馬の変化がとても顕著だったのです。

そして、それはみんなが感じていたようでした。
おもしろいものですね。


--------------------------------------------------

その選手に、

「なんか馬の雰囲気が変わりましたね」

   と話しかけると、

「この3か月間、本当に必死にやってきたんです」

       と返ってきました。


---------------------------------------------------

選手が求めることに、馬が応えてくれる、

そして馬が良くなっていく・・

なんだか、その馬と選手のパートナーシップを感じることができ
とても嬉しく思いました。

そしてそして、2日目は経路記録会

スタッフにとっても、審判の方々にとっても緊張の瞬間です。
今回は三木で行ったこともあり、記録会に出る一般参加のスタッフ20名以上が
関西の事業所から参加してくれました。

毎回、いろいろな人の経路を見るのは
審判の方にとっても非常に勉強になりますし、見る目が養われます。


審判.jpg


総合観察のコメントを見ていても、より具体的なものが増えてきました。
やはり経験が物を言いますね。
審判をするにあたり、
得意な経路というのも個々に出てきたりしているのでしょうか・・?

合宿では、L、Mクラスの経路を見る機会が多いですよね。

グランプリやインターメディエイトクラスの経路を見ることは
あまりないかもしれませんが、そのクラスに出場している人馬を
見ることはとても勉強になります。

馬の特徴、動き、柔軟性、馬場馬としての資質など・・
課目が上がれば上がるほど、そういう部分が顕著に表れます。
(※瀬理町先生のグランプリ課目は目にされている人もおられるかと思いますが・・)

みなさんも、お近くで競技を見に行ける機会がございましたら
ぜひ足を運んでみてください。

あっ、11月に行われる全日本馬場馬術競技はテレビ放映があります!
11月21日(土)20時から BS11チャンネルです。

ぜひぜひ!ご覧ください!


この機会に、テレビを見ながらジャッジをしてみるのもいいかもしれませんね。

みなさん、何度も言うようですが、経路を目にする回数で目が養われていきます。
この機会を逃さないように、録画できる方は録画をして何度も見ましょう!

これからも、みなさんの審判実技の機会を増やしていきたいと思いますので、
奮ってご参加くださいね。


dominas.jpg


それでは今回はこのあたりで・・

みなさままた次号でお会いしましょう!
それまでさようなら~


元持