全日本ジュニア総合馬術大会が開催されました!

こんにちは、高橋です。

先日は、東京2020オリンピックのエンブレムが発表されていましたね。開催まで、あと、5年。やはり自国での開催が決定すると、オリンピックの見方も変わり、来年2016年のリオデジャネイロオリンピックも注目度が増すのではないでしょうか。(馬術競技は経験が大切です!)

さて、先日7月25日、26日は、山梨県は小渕沢にて全日本ジュニア総合馬術大会2015が開催されました。私が行ったのは26日1日のみでしたが、暑い中、熱い競技が繰り広げられました!
ちなみに、総合馬術とは?は以前のブログをご覧ください。

今回は選手たちの1日を追いながら、様子をお届けいたします。

5:30 厩舎にいる馬たちに、まずは朝ごはんをあげます。人はその後です・・・
IMGP1711.jpg
IMGP1712.jpg

6:30 人もご飯を食べたあと、最後のクロスカントリーコース下見に行きます。
最後のというのは、昨日も何回か歩いているということですね。
今回メインのジュニアライダー選手権で全長2,050m、CIC2*競技ともなると全長3,080mです。しかも、平坦な道ではありません。
IMGP1718.jpg
少し小さいですが、ところどころに障害が設置されているのが見えますでしょうか。

私は、ノービス競技に出場するクレイン竜ヶ崎の浅田選手と一緒にコースを歩きました。1,850mのコースでしたが、歩き終えて帰ってくる頃には既に息がきれるほどです・・・
最近、馬に乗っていなかったから、日頃の運動不足が・・・

クレインからコースデザイナーの一人として参加していた、加藤大助氏に今回のコースについて聞いてみました。「今回は初めて生垣をコースとして使ってます。飛越したあとくだりの坂が続くので、そこを考えてのペース調整が難しいと思う。」とのこと。
IMGP1716.jpg
この写真の中にその障害があるのですが、みなさまわかりますか?

正解は・・
IMGP1717.jpg
右側の垣根でした。この先は、結構急な坂が続いております。
障害を飛越するときは、両脇にある赤と白の旗の間を飛びます。赤は右、白は左に見た方向から障害を飛びます。

7:30 自分の出番に合わせて選手は準備をしていきます。クロスカントリー競技は選手と馬のスタート時間が設定されています。

8:00 CIC2*競技からスタート。
本番前に準備馬場で馬のコンディションを整え、スタートボックスに入ります。例えば、CIC2*競技に出場していたクレイン伊奈の根岸選手とバーリントンスターは8:18スタート、分速550mで3,080mのコースを規定タイム5分36秒以内にFinishラインを切らなければいけません。

加藤氏曰く、「傾斜のあるコースの中で、どこで走って、もどすか、スピードコントロールを考えておかないと規定タイム内に入れない。」とのこと。
ちなみに、今回のコースは馬術連盟サイトからご覧いただくことできます。


さきほどの障害、下から見るとこんな感じです。

根岸選手とバーリントンスター

続いて、CIC1*、トレーニング・ジュニアライダー選手権、ノービス・チルドレンライダー競技とどんどんスタートしていきます。


平永選手とアイリッシュブルー、CIC1*競技に出場していました。

クロスカントリー競技が終わると、午後から障害馬術競技が行われました。
総合馬術は馬場・クロスカントリー・障害と3つの競技の総減点数で順位が競われます。

13:45 障害コースの下見が終わると、障害馬術競技が開始します。午前中競技に出ていた馬たちは一度厩舎に戻り、午後の競技に備え、出番近くになると準備馬場に入ってきます。

IMGP1756.jpg
出番を待つブレットマリンガニーとクレイン倉敷の正井選手、競技前に腹帯をチェックします。

減点数が僅差だった場合、この障害競技で順位が入れ替わることもあります。選手たちは気を抜けません。

16:00 すべての競技が終了し、表彰式が行われます。
全日本ジュニアライダー選手権では松本菜那さんとミスターダンディが優勝しました!

優勝した松本さんにお話しを聞いてみると、「ダンちゃんと組んでの競技は、これが最後だったので楽しんで競技ができればいいなと思っていました。」とのこと、ミスターダンディとコンビを組んだのは1年ちょっと前、「最初は馬場がなかなか上手くいかなくて・・・、けど、ダンちゃんは賢い子だから少しずつわかってきてくれて、今回は3位くらいまでに入れたらいいと思っていたけど、優勝できたのでよかったです。」とうれしそうにはにかんでいました。

次回、9月4日(金)~6日(日)第45回全日本総合馬術大会2015 が、兵庫県三木市にある三木ホースランドパークで行われます。

開催競技の詳細や今回の競技成績などは、日本馬術連盟サイトにてご覧いただけます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

夏に雪の景色・・少し涼しくなりました?

馬場部門合宿:~経路記録会~の巻

こんにちは、元持です。

引き続き、馬場合宿2日目の内容を
お送りいたします。

さぁ、ついにやってきました2日目!
『経路記録会』です。

各事業所の関東のスタッフたちは
朝3時ごろ出発して御殿場に来ています。

DSC_0041.JPG


到着した選手たちは、各々に馬を出して準備運動をしていました。
みんなクレインのスタッフなのですが、
この風景を見ると、本当に一端の競技会のようですね!


馬場.jpg


みんなが集まって瀬理町先生のお話を聞いているのと同時に、
審判アカデミーの方たちも続々と集まってきました。

今回は関西からわざわざ
お越しいただいた方もおられました。
遠いところ、ありがとうございました。

審判アカデミーは、
関東チームお馴染みの南條先生が
中心になって進行を務めます。


審判.jpg

審判アカデミーの方では、実際の経路記録会に入る前に
馬場部の選手2名に経路を踏んでもらい、
採点方法の再確認を行いました。

採点.jpg

新田選手も少し緊張気味です。
採点の練習が終わると、いざ本番。
今回はあまり時間のない中、たくさんの選手を採点していただき、
馬場も3面に分かれて同時進行で行いました。


出番表.jpg


私はインドアの2階にある事務所にいたのですが、
選手のみなさんのジャッジペーパーを用意したり、
次々とやってくるペーパーの採点をしたりと、
中はバタバタでした。
獣医として来られていた天谷先生にまでお手伝いしていただきました・・(汗


インドア.jpg


上でバタバタしているうちに、
馬場では着々と出番が進んでいきます。


採点.jpg

審判員の方々も久々の実技(のはず)です。
しかも今回は採点しなければいけない選手がたくさんいるので
とても大変だったと思います。

お疲れ様でございました。

これからもこういう機会はあると思いますので、
奮ってご参加くださいね。

今回は記録会の間に瀬理町先生と宇田川祐美さんのキュアが行われ、
普段あまり見ることのできない
音楽に合わせた演技を見ることもできました。


エルク.jpg


キュアとは、選手が自分で演技をデザインします。
必ず取り入れなければいけない歩法と運動課目は決まっているので、
騎手と馬の力量を考えながら経路を決めていきます。

音楽も自由に決めることができるのですが、
馬のリズムやテンポの幅には限度があるため
演技に適した音楽を探すのは結構難しいのです。

審判アカデミーの方も、
今後、キュアを審査する機会もあるかもしれませんので、
良い機会になられたのではないでしょうか。

審判は実務経験を増やしていくのが大変ですが、
これからもみなさま、一緒にがんばっていきましょう!


集合.jpg

さて、ここで悲しいお知らせがあります。

2013年よりジュニアカデットチームとして一緒にやってきた
江頭香蓮さん(福岡)が、この9月より海外の大学に進学するため
全日本馬場に出場することができなくなりました(涙

涙.jpg


今まで一緒にやってきた仲間が卒業していくのは
本当に寂しいですね・・

でも、来年の全日本馬場には顔を出してくれるそうですので、
その時にはまたみんなで会って再会を喜びたいと思います。


別れ.jpg


香蓮ちゃんへ ---------------

香蓮ちゃん、私が馬場部のブログを始めて2年目、
やっとジュニアのみんなとも親しくなった(つもり)のに
本当に残念です。

寂しくなります・・

でも、来年の再会を信じてますので、
また帰ってきたら色々海外の乗馬事情を教えてくださいね。

今までいろいろとありがとうございました。
海外、気を付けて・楽しんで・行ってらっしゃ~い!

               ---------------- 元持




来たる8月7・8・9日、全日本馬場でございます。
ご都合のよろしい方はぜひ、馬場部の応援をお願いいたします!

それでは皆様!
また次回お会いしましょう~!


元持

馬場部強化合宿~全日本制覇に向けて~の巻

みなさまこんにちは、元持です。
4月に馬場部の合宿ブログ以来なので、
約3か月ぶりの更新です。
なかなかみなさまにお会いできなくてすいません。。。


今は全日本競技の真っただ中です!
8月7日からは全日本ジュニア馬場とパートⅡが行われます。
それに向けて、クレイン馬場部門では7月27日~28日にかけて
強化合宿が行われました。


DSC_0045.JPG


1日目は、瀬理町先生率いる馬場部門の選手たちと
ジュニアカデットチームの特訓です。


ジュニア.jpg

2日目は、クレインが実施している審判アカデミーの方々にお越しいただき
全国から集まったクレインスタッフの経路を審査していただきました。
全国から集まったスタッフは49名!
かなり大規模な経路記録会となりました。
2日目については後々お話しますね。

さて、馬場部門の1日目は御殿場競技場に7時集合し、
埒組みから始まります。

毎回恒例の埒組みですから、馬場部はお得意のものです。
ささっとみんなできれ~に埒を並べていきます。


馬場組み.jpg


さすが瀬理町先生、重機での埒運びなんて朝飯前です(笑


馬場.jpg


さっ、埒組みも終了して落ち着いたところで、
みんな各々に馬を馬装して運動を始めます。

今回は瀬理町先生がレグルスを連れてこられていたので、
少しだけ、『ザ・瀬理町コーナー』をつくりたいと思います。
パチパチパチ~♪(拍手)


コーナー.jpg

みなさまご存じでしたでしょうか。
瀬理町先生は現在、現役の選手として復活され、活躍しています。

パートナーのうちの1頭、『レグルス』は14歳のセン、KWPNという品種の馬です。
ダイナミックで、見る人を魅了するような、
とても美しい動きをする馬です。

これから様々な競技に出ていきますので、
馬場部選手たち同様、みなさまのご声援をよろしくお願いいたします。

レグルス.jpg


さて・・そろそろ選手たちの練習を見にいきましょうか・・

洗い場に戻ってみると・・
おっ、みんな着々と馬装をして準備を進めていますね。


和希.png


馬場はインドア含め3面用意しました。
立派なインドアですね~♪
御殿場も暑いのは暑いのですが、
いつもと比べると素晴らしい避暑地でした。


インドア.jpg


あっ、ご紹介が遅くなってしまいました、
今回のジュニアの選手たちをご紹介いたしますね。


1 吉岡堯祐&ルバーブ(高崎
2 丸茂美鈴&ボーンセット(高崎
3 川上藍&ヴォーカル(大阪
4 滝澤和希&ジェネラス(京都
5 江頭香蓮&ファンタベジャール(福岡
6 小代智貴&ロデオ(湯布院
7 木下遼&ベストフェアリー(服部
8 宇田川祐美&エルク(東武
9 鈴木康介&キクノエンブレム(狭山


メンバー.png
※真ん中の白石先生の写真は関係ないのですが、こんな笑顔でポーズをとってくれることはあまりないので載せてみました(笑)


昨年から引き続きの選手たちが多いせいか、
みんなものすごく堂々とした、今までとは比較にならない
乗りっぷりで、とても楽しそうなのが印象的でした。


レッスン.jpg

教えられたことを実践し練習してきて、
その内容が普通にできるようになると楽しい・・
だからどんどん自分の中に吸収していくのでしょうね。

そして階段を上るように新しいことを覚えていく、、
ジュニアのみんなを見ていて、
私も改めて馬のおもしろさを教えられました(感謝です)


2.jpg

明日はいよいよ経路記録会です。

クレインのスタッフが49名も揃って
経路を踏むことはそうそうありません。

次回は2日目の様子をお送りいたします。

乞うご期待!

元持 

リオデジャネイロオリンピックに向けて

こんにちは、障害馬術取材チームです。
リオデジャネイロオリンピック(2016年8月5日~)まで、あと1年となりました。

日本のマスメディアでは、東京オリンピックの話題が多く、まだリオデジャネイロオリンピックの話題が少ないように思いますが、クレインの選手たちは、リオデジャネイロオリンピックに向け、本格的に動き始めています。

7月15日(水)ドイツハーゲンにて
「リオデジャネイロ地域予選競技会(8/25)」に派遣する代表人馬の選考競技会が行われ、桝井俊樹選手がTALOUBETDARCO KZとともに出場しました。

今回の「リオデジャネイロ地域予選競技会」に出場できるのは4人馬。
ただし、既に2015年7月13日付グランプリポイントの高い1人馬は代表としての出場が決定していたため、残り3枠を選ぶのが本競技会の目的でした。


第1走行は日本時間の18時から、第2走行は21時から行われ、私たちも「Clip My Horse.TV 」という競技の映像がLIVE配信されるサイトにアクセスし桝井選手の走行を見守っていました。

本競技会で桝井選手は3位に入賞し、「リオデジャネイロ地域予選競技会(8/25)」への出場権を獲得することができました!

GCT-Vienna Taloubetdarco2.jpg
※写真:桝井選手とTALOUBETDARCO KZ

8月25日に同じくドイツハーゲンで行われる「リオデジャネイロ地域予選競技会」には、12か国、29人の選手と35頭の馬が集結します。

競技の模様は、8月25日 13:00(日本時間:20:00)よりライブ配信される予定です。
「Clip My Horse.TV」はこちらからご覧いただけます。

日本は、東南アジア・オセアニア地域の5か国(日本・オーストラリア・フィリピン・香港・台湾)が属する「グループG」で出場権を競うことになります。

5か国のうち、オリンピックに団体として出場できるのは2ヶ国、個人として出場できるのは1人馬と個人枠は特に厳しい戦いが予想されます。

日本チームの団体出場権の獲得と桝井選手の活躍を、是非、皆さんも応援いただけると嬉しいです!