JAPAN OPEN 2015 第4戦-3日目-

前回に続き、6月12日から始まった
JAPAN OPEN 2015 第4戦(ヤマハつま恋/静岡)の試合3日目の
大会レポートをお届けします!

3日目は、前日とは打って変わり、湿気こそあるものの
気温は下がり過ごしやすい日でした。

1morning.jpg
※写真:3日目の朝

大会3日目の6月14日のスケジュールは...
===============================
8:30~  OPEN100/JDアマチュアトライアル 
9:05~  Jr.標準/JCアマチュアオープン
9:55~  OPEN 80/JFアマチュアチャレンジ
10:35~ OPEN 90 /JE ステップアップジャンプ
11:15~ Dグレード決勝/ Jr.決勝/JBミニグランプリ
13:15~ Cグレード決勝/JAアマチュアグランプリ
14:50~ Aグレード決勝
15:50~ Bグレード決勝
===============================

選手は早朝から会場入りし、試合に備え
練習馬場で馬と自分のコンディションを整えていました。

2resyu.jpg
※写真:練習馬場

そして、各競技の決勝がスタート!

まず、【Dグレード決勝】から。
障害物の最大高が110cmのDグレード決勝には
クレインから5名の選手がエントリーしました。
そして、小宅俊継選手が2位に入賞しました!
3koyake.jpg
※写真:2位に入賞した小宅選手

入賞すると馬には↓こんな入賞リボンが授与されます。

4nyusyo.jpg
※写真:入賞リボン


このDグレード決勝を観戦している際に、一つの疑問が...

スケジュールを見るとわかるように、例えば今回は11:15から
「Dグレード決勝/ Jr.決勝/JBミニグランプリ」という3種類の競技が行われています。

ただ、出番表はこの競技の順番通りではなく、Cグレードの選手が出場した後に
JBミニグランプリの選手が出場し、その後またCグレードの選手や
JBミニグランプリの選手が出場するなどランダムに進んでいきます。

皆さんは出場選手がどの競技にエントリーしているかを
どう見分けるかご存知ですか?

実は、出番表に「登録」という表記があり
ここで選手がどの競技にエントリーしているのかを見分けることができます。

例えば、「Dグレード決勝/ Jr.決勝/JBミニグランプリ」の出番表の場合
下記の4つの表記が記されています。

「D」...Dグレード
「外」...登録しているクラス以外のクラスに出場している場合
「JB」...JBミニグランプリ
「Jr.」...Jr.決勝
「非」...1年間通してのこの競技シリーズの登録をしていない

Dグレード決勝にエントリーしている選手は
「D」もしくは「外」、「非」の表示がある選手です。
ただし、「非」の場合、戦績が良くても順位には反映されません。
※全日本出場の為のポイントには加算されます。

こういった、出番表の見方もわかると
試合の観戦もより楽しくなりますね!


さて、続いて【Cグレード決勝】です。
障害物の最大高が130cmのCグレードには、クレインから
5名の選手がエントリーしました。

1回目の走行で、クレインの岩館選手と重枝選手、他クラブの選手1名が
減点ゼロだったため、この3名がもう一度走行しタイムと減点数を競いました。

これを「ジャンプオフ」と言います。

前日(競技2日目)は、1回目の走行でタイムが速く減点数が少ない選手が
上位になる採点方法でしたが、競技3日目は最も減点数が少ない選手が
複数いた場合、再度走行し、順位を決める試合方式でした。

ジャンプオフの結果、クレインの岩館正彦選手が1位になりました!
(馬の顔が切れてしまってすみません!)
5iwadate.jpg
※写真:1位になった岩館選手


そして、次は障害物の最大高が150cmと最も高い【Aグレード決勝】!
5名エントリーのうち、3名がクレインの選手でした。

残念ながら1位は獲得できなかったものの
2位に横田裕哉選手が入りました。

6yokota.jpg
※写真:横田選手


いよいよ最後の競技!【Bグレード決勝】です。
障害物の最大高が140cmのBグレード決勝には
クレインから4名の選手がエントリーしました。

1回目の走行目で減点0がいなく上位の成績減点4だった中野支社長と他のクラブの選手で
ジャンプオフを実施。

7nakano.jpg
※写真:中野善弘選手


最初に出場の中野支社長が減点0、他の選手が減点4とタイムでも中野支社長が上回り
見事1位となりました!

8CRNbegasu.jpg
※写真:表彰式後の中野善弘選手とCRNベガス


全ての競技が終わると息つく暇もなく
馬運車がどこからともなくやってきて、急ピッチで
撤収作業が始まります。

9baunsya.jpg
※写真:馬運車

こうして、合宿を入れると7日間のつま恋競技生活が無事終了しました。

選手の皆さん、グルームの皆さん、お疲れ様でした!

JAPAN OPEN 2015 第4戦-2日目-

前回に続き、6月12日から始まった
JAPAN OPEN 2015 第4戦(ヤマハつま恋/静岡)の
大会レポートをお届けします!

大会2日目の6月13日は...
===============================
8:30~  Eグレード決勝 
10:15~ Dグレード標準/JBミニグランプリ
11:10~ OPEN 80/JFアマチュアチャレンジ
12:00~ OPEN 90 /JE ステップアップジャンプ
12:50~ Cグレード標準/JAアマチュアグランプリ
13:55~ Bグレード標準
14:35~ Aグレード標準
15:10~ OPEN100/JDアマチュアトライアル
15:55~ Jr.標準/JCアマチュアオープン
===============================
...といったスケジュールで試合が進んでいきました。

競技ごとに障害を飛ぶ順番や経路が書いてある
コース表というものが貼りだされています。

1course.jpg
※写真:コース表

コースを覚えるだけでも大変そうなのですが
下見のときにコースを自分の足で周ることで
ほぼ間違えることはないのだそうです。

実際、選手と一緒にコースを回ってみると
障害を飛び終わった後どういう景色が見えて、次どこに行けばよいのか
イメージしやすくなるというのがわかりました。

ちなみに...場外から馬場を見るのと、馬場からみる景色は
まったく違います!ということをお伝えしたく写真を撮ってみました。
(写真奥がこれまでアップした写真を撮影していたスポットです!)

2grassarena.jpg
※写真:選手目線でみた馬場の景色

さて、試合結果ですが、2日目は、"減点が少なく、タイムが速い"選手から
上位に入賞していく採点方法でした。

クレインから出場した人馬は、全体的に調子もよく
多くの人馬が各競技で入賞しました。

特にEグレード決勝では、クレイン千葉の木下建太郎選手が1位に
また、Cグレード標準では、岩館正彦選手が1位を獲りました!

3kinoshita.jpg
※写真:走行中の木下選手

4iwadate.jpg
※写真:岩館選手のジャンプ


試合後のミーティングでは、ロッド・ブラウンコーチからの総評や
中野支社長から「1位獲得を増やしましょう」といった話がありました。

5meating.jpg
※写真:試合後のミーティング


残すところあと一日!

6syugo.jpg
※写真:試合後の集合写真

翌日の試合3日目はいよいよ決勝です。
決勝の様子は次回ブログで!

JAPAN OPEN 2015 第4戦

こんにちは。
クレインの障害馬術取材チームです。

6月12日から始まったJAPAN OPEN 2015 第4戦(ヤマハつま恋/静岡)をはじめ
日本各地で行われる主要大会を取材し、皆さんに大会の様子を
お伝えしていきますので、楽しみにしていてくださいね!

さて、今回のJAPAN OPEN 2015 第4戦ですが、クレインからは選手が約20名
馬が約45頭とかなり多くの人馬が各地から集まってきました。

1kaijyo.jpg
※写真:大会会場

そのため、厩舎の中でもクレインが占める割合は多く...
厩舎のMAPはこんな感じになっていました。(赤部分がすべてクレイン)

2kyusya.jpg
※写真:厩舎のMAP

厩舎の中は、荷物がたくさん置いてあり
馬と人も頻繁に行きかうので、空間的にはあまり余裕がありません。

3kyusya2.jpg
※写真:厩舎の中

取材チームが合流した大会2日目は風もなく蒸し暑い日でしたが
厩舎内は扇風機等で暑くなり過ぎないように工夫されていました。
馬も扇風機の前で気持ちよさそうな表情していますよね。

4senpuki.jpg
※写真:扇風機と馬

そして、いよいよ試合が始まるわけですが、その前に...
皆さんは選手が試合前にどのようなことをしているか、ご存知でしょうか?
今回はその一部をご紹介しますね。

1.試合前に行う20分程度ウォーミングアップ
ここで馬の調子を確認し、試合前の微調整を行います。

例えば、障害飛越の場合、着地する際に約500Kgの負担が
足にかかると言われています。
馬の様子がいつもと変わらないか、またジャンプのタイミングが
ずれていないかなどをこの20分で確認することがとても重要なのです。

それまで和やかに話していたコーチたちも
必ず選手のフォーミングアップは見に行きます。

写真は、まだ試合が始まる前のコーチたち。
(左から中野支社長、ロッド・ブラウンコーチ、茶谷所長)

5coach.jpg
※写真: コーチたち

2.コースの下見
予めコース(障害を周る順番)は張り出されていますが
実際に自分の足でコースを周り、順番をインプットします。

それと同時に障害と障害の間を馬が何歩で駆け抜けるかを確認しています。
(人間の大股4歩が馬の1歩に相当するそうです!)

6course.jpg
※写真:コースを確認する選手とコーチ

こうやって人の身長と比較すると、障害がかなり高いことも
お分かりいただけるのではないでしょうか?

7size.jpg
※写真:障害の大きさ

そして試合は、8時半からスタート!
試合内容については、次回のブログでお伝えしますね。