全日本ヤング総合馬術大会2015

こんにちは、高橋です。
いよいよ馬術競技のシーズンが始まりました。
5月は毎週末、日本のあちらこちらで、馬術競技が開催されています。

この5月22日~24日は、東京世田谷にありますJRA馬事公苑で第36回全日本ヤング総合馬術大会が開催されていました。

IMGP1644.jpg
競技開始前、晴天のグラスアリーナ。

総合馬術。
このブログでは何度か総合馬術の大会の模様をお伝えしてきましたが、みなさま覚えていただけましたでしょうか?3日間3種目の競技で競われる総合馬術、一番の見どころは、やはり2日目のクロスカントリーです。

クロスカントリーは自然の中に設置された障害を、途中ものすごいスピードで走りながら飛越していきます。

なぜ、そんなに急ぐのか?
それは、規定タイムが設定されているので、タイムインしないと減点されるからです。
例えば、今回行われていたCCI1*競技はコースの長さは3640m、520m/分で25障害と設定されています。
コースは直線ばかりではないですから、ところどころスピードを落とすことを考えると、走れるところはスピードを上げて走っておかないと間に合わないんですね。


CCI1*競技の平井選手とクラシックリアクション、走っています。
最近話題の自撮りドローンがあると、コースを走っているところ全体を見ることができるかもしれませんね。

この日は土曜日、お近くにお住まいの方に競技のお知らせをしていたからか、まだ、乗馬を、馬を知らない方がたくさんいらしゃっていました。

コース脇の芝生でランチしながら見る方や、お子様連れの方も、思い思いのスタイルで競技を観戦。はじめて馬を見て、クロスカントリーを見るこどもたちは、近くを馬が通り過ぎていくのを見て「すごーい」とか「こわーい」とか・・・確かに目の前の馬は大きいですし、スピードがありますからね。


トレーニング競技の小野選手とコークスクリュー、こどもたちとカラスの声が・・・

クロスカントリーは2日目の種目、3日目は障害馬術があります。
馬にとって脚は命、競技後はケアを怠りません。
IMGP1682.jpg

もちろん、クロスカントリー競技に出るときもです。
IMGP1686.jpg

競技でも、競技の裏側でもそうですが、やはり馬あっての馬術。
みなさん、第一に馬を気遣います。
それを知ってから知らずか、準備されている時、馬はじーっとしています。
IMGP1689.jpg

今日は第36回全日本ヤング総合馬術大会2日目の様子をお届けしました。
大会の結果は日本馬術連盟サイトでご覧いただけます。

この日の様子は、動画でご覧いただけます。こちらからどうぞ。

馬術競技は目の前の競技を見ながら、少しずつルールがわかってくると、楽しくなってきますし、選手を応援したくなってきます。
ぜひ、このシーズンお近くの馬術競技を見に行ってみてください。
総合馬術は次回、7月25日(土)~26日(日)山梨県小淵沢にあります山梨県馬術競技場で開催されます。

高橋

東日本障害馬術大会 CSI1*-W Chiba

予想されていた雨模様も何とか乗り越えた週末、「第50回 東日本障害馬術大会 CSI1*-W Chiba」が千葉県の東関東ホースパークにて開催されました。

CSI-W1.jpg
これから出番です。

こんにちは、多胡です。
今日は、東日本障害馬術大会の様子が、森 裕悟選手(クレイン東京)から届きましたので、ご紹介します。

CSI-W2.jpg

この大会は日本馬術連盟が公認する数ある競技会の中でも国内では最上位クラスの難易度を誇るもので初日のフレンドシップを除く全17競技の内、14競技がカテゴリー☆4(国内では最難度)となっていました。

特に大会3日目、第12競技の「大障害 CSI1*-W Chiba」はワールドカップ予選も兼ねており優勝賞金の20万円は今大会で一番の賞金額ということもあり大変盛り上がりました。

クレインからはオリンピックパーク所属の岩舘正彦がタイムズスクエアとI'mキャスパーの2頭乗り、東武所属の徳田成朗がコスタブラバで挑戦しました。

残念ながら表彰台には上がれませんでしたが、試合後の徳田さんからコメントを貰いました。
CSI-W3.jpg

-今回の大障害はいかがでしたか?

徳田「調子はソコソコ良かったのですが残念ながら悔しい結果となりました。愛馬コスタブラバの能力は十分通用するのですが、このクラスでの僕自身の経験値をもっと上げていかなくてはいけないと痛感しています。」

-150cmの世界って、どんな感じなんでしょうか?

徳田「確かに大きな障害が立ち並んでいますが、それよりも大きな壁はこのクラスに参加してくる人馬です。技術も経験も国内最高峰のメンバーで勝負しているので数ミリのミスも許されない世界です。ようやく、この世界での緊張感を楽しめるようになってきたところです。」

-次回の予定と意気込みをお聞かせください。

徳田「6月に入って直ぐに障害部の合宿とつま恋での試合もありますし、秋にはまた今回と同じ☆4に出場する予定です。次こそは表彰台に上がれるよう頑張っていきます。」

CSI-W4.jpg
第12競技 大障害 CSI*-W Chiba の参加馬は初日に歩様チェックなどホースインスペクション(馬体診断)を行いました。さらに走行後にはプロテクターのチェック。
1つ500グラム以上の重量は付けてはいけない規定があります。


その他の競技でクレインからの出場で表彰台に上がった選手の皆さん

CSI-W5.jpg

大会2日目
第1競技  標準障害100
 1位 中根由布子(フルル)
 4位 山根良一(まさむね)

第2競技  中障害D ★★★★
 4位 木下建太郎(アガイティーダ)

第3競技  中障害C ★★★★
 2位 伊濱武史(ナイア)

第4競技  中障害B ★★★★
 1位 伊濱武史(可憐シャルロッテ)

第5競技  中障害A ★★★★
 2位 中野善弘(CRNベガス)

第6競技  大障害 ★★★★
 3位 徳田成朗(コスタブラバ)
 5位 岩舘正彦(I'mキャスパー)

大会3日目
第7競技  標準障害100
 2位 貝藤 昌子(ジャスミンⅡ)
 5位 内海文男(まさむね)

第8競技  中障害D ★★★★
 1位 徳田成朗(ムーンストーン)
 2位 木下建太郎(ホーリーノース) 
 4位 木下建太郎(アガイティーダ)
 5位 森 裕悟(サンタナ)

第9競技  中障害C ★★★★
 1位 伊濱武史(ナイア)
 2位 森 裕悟(ロラパルーザ)
 4位 岩舘正彦(ジェロム)

第10競技 中障害B ★★★★
 1位 伊濱武史(可憐シャルロッテ)

第11競技 中障害A ★★★★
 1位 中野善弘(CRNベガス)


大会3日目
第13競技 標準障害100
 1位 宿澤菜美子(ナイア)
 6位 中根由布子(フルル)

第14競技 中障害D決勝 ★★★★
 1位 中野善弘(セラヴィ)
 3位 錦織貴洋(ル・リアンファミーユ)

第16競技 中障害B決勝 ★★★★
 6位 森裕悟(レクター)

ちなみにカテゴリーに☆4つが着く馬術大会は日本国内で今年6回、特に関東では3回しか行われないことからも今回の大会レベルがどれ程高いかは皆さん想像がつきましたでしょうか。

競技に出場した選手の皆さん、応援してくださった皆さん、そして一緒に戦ってくれた馬たち本当にお疲れ様でした。ゆっくり休んで、またトレーニングを積んで競技場で会いましょう・・・

CSI-W9.jpg

最後まで呼んでいただきたありがとうございました。
「馬術観戦」を未だ体験したことがない方、迫力ある生の競技会へ是非足を運んでください。皆さんの応援をお待ちしております。

多胡

日本テレビ「スッキリ!!」でクレイン東京のペネロペ登場!

こんにちは、多胡です。
今回はクレイン東京の取材情報をお届けします。

2015年5月17日(日)、「眉毛模様がほどこされた馬がいる」との噂を聞いて日本テレビアナウンサーの岩本乃蒼さんがクレイン東京にお越しになりました。
DSC_0489.jpg
取材を受けたのが「ペネロペ」。
主に初心者クラスのレッスンで活躍している14歳の牝馬(ひんば)女の子です。小柄なので子供や女性の方に人気です。

特徴は何と言っても、このインパクトのある「お顔」!
DSC_0951.jpg
特に右目の上にくっきり「眉毛」のような模様があります。インパクトのある「お顔」は以前から「ちょっとブッサイク」
とか「ブサ可愛い」と評判でした。

他にも乗馬クラブクレインには個性豊かな馬達がたくさんいます。 

あっかんベーするマサイがクレイン京都
masai1.JPG
牛柄のスティンガーがクレイン東京に・・・
suthinnga-.jpg

あなたもお近くの乗馬クラブクレインで馬達に会いに行ってみませんか?

乗馬クラブクレインは全国に32か所の会場があります。お近くの会場はこちらからどうぞ。

多胡

新しい出発♪

こんにちは、高橋です。

ひさしぶりにブログを書いております。
ゴールデンウィークももう終盤、みなさまはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?
わたしは、毎度のことですが・・・お仕事です。
東京、世田谷のJRA馬事公苑では恒例のJRAホースショーも開催しております。
明日が最終日になりますが、お時間があればこの機会に"障害馬術"を見に行ってみてください。


さて、イギリスからお便りが届きましたのでご紹介いたします。

9月に乗馬クラブクレインからアジア大会総合馬術に出場していた二人、田中選手と北島選手も、また、新しい環境でチャレンジがはじまります。トレーニング先のイギリスからコメントが届きました。少し、アジア大会を振り返り、そして、未来への気持ちを語っていただきます。

北島選手からのコメントです。

-北島選手にとっては、はじめての国際大会、アジア大会はいかがでしたか?

乗馬クラブクレインに入社し、自身では初めての国際大会であり、初の日本代表でした。

小さな頃から、日本を代表して出場する選手たち、そして、オリンピックに憧れていたので、夢であり、目標としてきた場所に立てたことはうれしかったです。

アジア大会に出場していた時間は、3日間(調教・耐久・余力)合わせても15分に満たないくらい。しかし、その出場していた15分間は、何年も何十年もの時間を費やしても惜しくないほど、価値のある15分であり、何物にも代える事の出来ない最高の場所でした。

演技中、走行中も冷静に対処でき、その時の自分に出来る事は出し切れたと思います。
また、この様な舞台に立てるよう挑戦して行きたいと思っています。


-2月にイギリスに移られ、はじめての海外でのトレーニング生活はいかがですか?

今は、アジア大会でもコーチをされていたアンジェラ・タッカー氏の元、イギリスでトレーニングをつんでいます。この様な環境でトレーニング出来ることに感謝する日々です。

イギリスでは文化や、習慣、環境の違いから、新しく新鮮に思える事は多くあります。馬・牛・羊など様々な家畜が町の多くで見受けられ、生活の一部となっています。
乗馬・馬術の競技も盛んで、日本での競技環境より、より身近に馬術を感じています。
イギリスではこういった環境が馬術競技の強さにもつながっているんだなと思います。
今しか出来ない生活を最大限、体で、頭で、感じ、日本に持ち帰りたいと思います!

-今後の目標は?

今後の最大目標としては、やはり、リオオリンピック、東京オリンピック出場、入賞を目指しています。近くの目標としては、まず、オリンピック地区予選に出場する為の、人馬の権利を取得する事です。今シーズンはアジア大会出場馬匹である、ジャストチョコレート号とマーキードプレスコ号に騎乗する予定です。この様な頼もしいパートナー達は他にはいません。最大限挑戦していきます!

そして、田中選手からのコメントです。

-少し前になりますが、昨年9月のアジア大会はいかがでしたか?

アジア大会では、イギリスでアンジェラとともに大会に向けてのトレーニングや競技を重ねてきました。マーキーとコンビを組んで今までで一番良い状態でアジア大会に臨むことができ、また、ベストパフォーマンスができました。

結果は・・・
団体では銀メダルは嬉しいのですが、個人でメダルを獲れなかったのは本当に悔しいです!
この経験を、悔しさを今後に繋げていきます。

-アジア大会のとき、コーチアンジェラさんが「マーキーはあなたことが好きなんじゃない。」と言っていましたが、それを感じることはありますか?
そうですね。
マーキーとコンビを組んで4年になります。
日々のトレーニングや数々の競技を経験して人馬共に信頼関係が築き上げていると感じます。
例えば、競技で私が失敗した時に助けてくれ、また、マーキーが失敗した時、私が助けたりと互いにカバーしあい経験を積んできました。

-今後の目標は?
今後の目標は、リオオリンピック・東京オリンピックに出場してメダルを獲得する事です。
今年は、リオオリンピック出場枠をかけた地域予選会が10月にありそこで出場枠獲得を目指します。


以上、北島選手、田中選手からのメッセージでした。
少し前にいただいていたのですが、ご紹介するのが遅くなってしまいました。

実は、わたくしも、この度、茨城から大阪にやってまいりました。また、大阪での様子もいろいろとお届けできればと思います。


高橋

ゴールでウィーク、お休みの方も、お仕事の方も、ちょっと旅した気分♪ホースシュー?