馬ってどんな動物?【21】・・・馬はどんな性格?

こんにちは、高橋です。
クレイン茨城の周りの木々に少しずつ新しい芽がついてきました。
まだ季節は冬ですが、もう自然界では春の準備が進んでいるようです。

DSC01479.jpg
しらかば~あおぞ~ら♪ の歌詞にも出てくる辛夷(こぶし)の芽がふくらんできました。

さて、今日は馬の性格についてです。
馬は草食動物なので、基本的には怖いものからは逃げるという性質がある動物です。
もちろん、1頭1頭個性があり、性格の違いはありますが、大まかに見て共通する性格はあります。

そうですね、具体的なシーンを考えると・・・
例えば、馬場で馬に乗っているときに、風に飛ばされて白いビニール袋が飛んできました。
さて、馬はどんな行動をとるでしょうか?
三択です。

1.白いビニール袋に向かって走って行き、前脚で踏む
2.前脚をつっぱって止まり、ビニール袋から逃げる
3.何も気にせず、騎乗者の指示通りに運動を続ける

正解は2の前脚をつっぱって止まり、ビニール袋から逃げる。です。ごく稀に3のような気にしない行動を取る馬もいますが、たいていは逃げます。少し憶病な性格なんですね。

DSC01480.jpg
姫リンゴの芽もふくらんできました。

それでは、なぜ?憶病な馬が障害などを飛べるようになるのでしょうか。
それは、馬が人をパートナーとして信頼するからです。
障害を飛越するとき、その手前までは馬は目で距離間をつかんでいますが、飛越する瞬間は障害物を見失うので、人を信頼していなければ飛ぶことはできません。

また、こんな実験結果もあるそうです。
知らない場所に馬を連れていくとき、いつもご飯や世話を担当している人と行く場合とそれほどいつも一緒ではない人と行く場合と馬の心拍数の動きに違いがあったそうです。
知らない場所に行くと、憶病な性格の馬はたいてい心拍数があがるのですが、いつも世話してくれている人と一緒のほうが、あがり幅が少なかったそうです。(新馬の医学書参照)

憶病なところがある馬にとって、信頼できる"人"は強力なパートナーになるんですね。
なんだか、人間界と一緒!?

DSC01482.jpg
会員さんからいただいたお花がきれいに咲いていました。

馬が驚くときは、たいてい急な動きや音があったときです。
例えば、突然、風で何かが飛んでくる。
近くでこどもが走りだす。
突然、大きな音がなる。
見えないところから急に近付かれる。(馬の真後ろから近づくのはやめましょう!)
などなどです。

はじめて馬に接するときは、乗る馬についていろいろと教えてもらいましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
明日はクレイン創設の日、1971年に乗馬クラブクレインははじまりました。
もう、クレインの歴史は43年になるんだなぁ。

高橋


あと1週間でソチオリンピックです。
と思っていたら、世の中寒いだけじゃない・・南半球はか。

2014年うまどしが来ましたー!

こんにちは、高橋です
2014年、うま年がやってきました!
みなさんは、どんなお正月を過ごされましたでしょうか?
私は、つい食に目がいってしまいます。
年越しそばにおせち、7日の七草がゆに、11日の鏡開き、15日小正月の小豆粥など。昔ながらの風習は、今年一年の無病息災や一家の円満を願い行われていたようですね。


さて、乗馬クラブでも新年を迎えて、様々な行事があります。
乗馬クラブクレインでは1月3日が初乗りです。書初めというように、馬に乗るときは初乗りと言います。会場によっては餅つきも行われます。
DSC01471.jpg
久々の故郷は雪がありませんでした。私が乗馬をはじめた新潟の乗馬クラブでの初乗りはいつも雪が積もっていた記憶があります。あっ、ちなみに真ん中に写っているのは白鳥です。

古来、馬は神様が乗る動物として奉納され、縁起の良い動物とされてきました。
現代は絵馬として姿を変えていますが、まだまだ神馬がいる神社もあります。
そのひとつは、三重県にある伊勢神宮です。実際に見に行ったときは、芦毛の白い馬が紫色の衣を着せてもらい歩いていました。白い色に紫が映えて、とても神秘的でした。

だから、年の初めに馬を見ると縁起がいいそうです。乗ったらもっといいことがありそうですよね。
DSC01468.jpg
クレイン茨城では、巫女さんの格好に扮したスタッフが、三味線の音楽に合わせてカドリールを披露しました。

乗馬クラブクレインの社内では、毎年恒例で大阪本社にて大神神社による鎮祭が行われます。
このときは、全国の乗馬クラブクレインからスタッフが集まります。
DSC01474.jpgDSC01475.jpg
祭壇のとなりには、美しい花や木が活けられていました。

午年は飛躍の年と言われるそうです。
2014年、午年はまだ始まったばかり、どんな飛躍の年になるのでしょうか!?
楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋

馬たちは雪の中でも元気です!この勢いは飛躍している感じです。