乗るだけではない、乗馬のたのしみ♪

こんにちは、高橋です。
先日の朝、ガネーシャに乗ったあとブラシをかけながら手でからだを触ったら、ふさふさで、ふわふわで、ここちよくて、まるでぬいぐるみのようでした。
馬の見た目からはあまり想像できないかもしれませんが、この時期の馬たちは、毛が伸びてさわりごごちがいいんですよ。

DSC01401.jpg
陽の光が紅葉した葉に透けて、きらきら輝いていました。

さて、今日は乗馬のたのしみのひとつをご紹介いたします。
乗馬クラブクレインでは、馬に乗りに来ている会員さま向けに季節ごとに様々なイベントを開催していたりします。先日はクレイン茨城でIBARAKI CUPが開かれていました。

DSC01392.jpg
IBARAKI CUPでは午前馬場競技、お昼はカドリール、午後は障害競技が行われ、日頃の練習の成果が発表されました。競技にはもちろん順位があり、1位はブルーリボンがもらえます。
2位はレッドリボン、3位はイエローリボン、コンビを組む馬と一緒にがんばります!
DSC01403.jpg
馬術競技というと"オリンピックの競技"というイメージがあるかもしれませんが、すごく難しいものでもなく、誰でもチャレンジできる競技です。
例えば、障害競技では障害のバーの高さはレベルに合わせて設定されますし、馬場競技では演技内容がやさしい規定課目があります。(馬術競技については以前のブログをご覧ください。)
馬と一緒にひとつのことを成し得るのはとても楽しいことで、言葉を話せない馬と息の合った動きができたときは、他のスポーツでは味わえない感動があります。

DSC01393.jpg
よいお天気で、みなさん楽しそうでした。
DSC01394.jpg
お昼の時間に行われたカドリールは偶数の人馬でチームを組んで、音楽に合わせて図形運動を行います。みんなで衣装を決めたり、音楽を決めたりして、当日までに全員の動きが合わさるよう練習していきます。カドリールはチームワークが重要。
実際に目の前の演技を見ていたらジ~ンと感動してしまいました!

こういった競技や発表会は自分だけでなく、馬はもちろんのこと誰かと一緒に頑張ることができ、別のたのしみがあります。表彰式のときは「おめでとう!」と言われたり、拍手されたり、逆に「よかったね」と声をかけたり・・・笑顔が広がります。

みなさんもこんな乗馬のたのしみ方、いかがですか?
来年は午年ですから、この機会に乗馬体験からはじめてみては?

DSC01402.jpg
雑貨屋さんでおみくじならぬ、うまみくじを見つけました。さて来年の運勢は・・・

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
冬は近いですが、馬は元気です!

高橋

乗馬の秋冬ファッションスタイル

こんにちは、高橋です。

先日、クラブハウスから外に出るともう真っ暗、ふと空を見上げると、ヒュッと星が流れました。秋から冬にかけては、空気が乾燥していて、風が無いときは星がよく見えるそうです。
そういえば、馬たちの毛も伸びて、冬毛になってきました。少しずつ季節は冬に向かっているようです。(冬毛については以前のブログをご覧ください。)
DSC01353.jpg
馬着を着せてもらったクレイン茨城のピカンテ。顔の毛も長くなってきている!?


さて、乗馬は寒い時期はやっていないんじゃないか、と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、実は寒い時期こそ乗馬を楽しめるチャンスだったりします。

というのも、乗馬はスポーツですから、馬に乗っていると寒い季節でもカラダがポカポカしてきます。家の中にこもりがちな今の時期は運動不足解消にベスト!
そして、もうひとつ、冬毛に生え換わった馬たちは、寒さなんてへっちゃら、他の季節より少し元気になります。

想像してみてください。
馬にまたがって、深呼吸をすると冷たい空気が心地いい。馬に合図を出して走りだす。ふれる空気は冷たいけど、馬の暖かさを心と体で感じて・・楽しく乗っているうちにいつの間にか自分自身も暖かくなっている。
乗馬はそんなスポーツです。
DSC01359.jpg
クレイン茨城の周りの森も少しずつ紅葉してきました。朝晩の気温差があるからかな。

だから、この時期、オススメの乗馬ファッション。
ベストとジャケットとの組み合わせが良いと思います。馬に乗って暖かくなったら、ベストだけで過ごす。そんな調節ができるからです。

まずは、AIGLE。中に取り外し可能なベストがついていて、着心地の軽いジャケットです。
実際に着てみましたが、生地の薄さに比べ、かなり暖かいです。詳しくはこちら(※終了しましたからどうぞ。
DSC01362.jpg

ドイツのメーカーeuro-star。フリースベストが軽くてあたたかそうです。
flees.jpg
euro-starカタログはこちらからどうぞ。

ノルウェーのメーカーKINGSLAND。他のメーカーにはないセーターが揃っています。
セーターにジャケットでもいいかもしれませんね。
swetter.jpg
KINGSLANDカタログはこちらからどうぞ。

乗馬クラブクレインで販売しているものもありますので、お近くのクレインをのぞいてみてください。
もちろん、乗馬も体験できます。

カタログを見ているとコーディネートが楽しくなってきます。馬の馬着もかわいいです。
(馬着:ばちゃくとは寒い時期、馬に着せる馬用の服です。)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
そういえば、今日の夜から明日の早朝にかけて、しし座流星群が見ごろのようですnagarebosi.gif

馬事公苑で、"青春"を見てきました!

こんにちは、高橋です。
先日、実家から新米が届きました。私の実家は米どころ新潟なので、毎年届くのですが・・あぁ、こんな時期かと、秋を楽しんでいます。
みなさんは、どんな秋を楽しんでいますか?


さて、今日は11月3日に行った全日本学生馬術大会の様子をリポートいたします。
東京都世田谷区にあるJRA馬事公苑では11月2日~6日まで大学生による全日本学生馬術大会が開催されています。

DSC01311.jpg
秋の馬事公苑、少し葉が色づきだしていました。

実は、今回は馬術大会を見に来たのではなく、馬術大会に来ている学生さんたちに、クレインという企業を知ってもらおうという目的で馬事公苑に来ました。

DSC01314.jpg
馬の顔をかたどった仕事目録のパンフレット。後ろのブースでご案内していました。


とはいえ、やはり気になる大会の様子。
今回大会に参加している学生さんの中には、クレインで乗馬をはじめた方も・・・応援したくなります!
DSC01315.jpg
DSC01316.jpg
ちょうど行った日は障害馬術2日目が行われていました。本番前の練習馬場を見ていると学生さんたちの緊張感が伝わってきます。


全日本学生馬術大会には各地方からも大学が集まります。
DSC01318.jpg

4年生にとっては最後の大会。自然と気合が入ります。障害前、少し馬が躊躇しているなと感じると「はっ!」と馬に声をかけて障害を飛んでいました。(障害馬術については以前のブログをご覧ください。)
DSC01317.jpg

競技は個人戦と団体戦で争われました。
障害を決められたコースで飛越するのですが、コース走行中は静かでも、バーを落とさず減点数が少なくゴールを切った後は、応援している観覧席から歓声が上がっていました。
団体戦がある学生ならではの雰囲気ではないでしょうか。
なんだか、"青春"という感じで少しうらやましかったです。

大会の結果は全日本学生馬術連盟サイトをご覧ください。


さてさて、学生のみなさん、乗馬クラブクレインの仕事に興味のある方はこちらをご覧ください。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
最近、なかなか更新できていませんが、今年も残りわずかお付き合いくださいませ。


高橋

Amazing horse.と紹介されていました。 Hip Hopで馬場馬術!?