乗馬をするならこだわりたい道具、番外編

こんにちは、高橋です。
今日の競馬、ジャパンカップはジェンティルドンナが勝ちましたね。
オルフェーヴルは2着でした。凱旋門賞でも2着だったので、今日は勝てると良かったのですが・・・勝負の世界は厳しいです。

DSC00830.jpg
毎週木曜と金曜にクレイン茨城に来ているもっくんカフェ。サンドとコーヒーがおいしいです。

さて、今回は乗馬をするならこだわりたい道具、番外編です。

道具という感じではないですが、馬に乗る時に必要なグローブ、そして、ブーツを履いた時にちょうどひざ下をカバーしてくれるロングソックスです。

まずは、グローブから。
乗馬用のグローブは手綱を握るときによく使うところ、親指と人差指の間と薬指と小指の間が、二重で補強されています。
DSC00848.jpgDSC00854.jpg
手綱を握るときは、薬指と小指の間を通して、親指と人差し指で挟みます。
すべらないように持ち手側が革になっていてるもの、もしくはグローブ自体が革製のものが多いです。

グローブを選ぶときは、実際につけてみてにぎり具合を確かめてみてください。
指にあまりがないか、にぎるときにきつかったりしないか、また、グローブの厚みはどうかなど、手にはめてみてフィットするものを選ぶのがいいです。

DSC00847.jpg
これからの時期は、こんな発熱するグローブもいいかもしれないですね。

カラーは黒や茶色が多いですが、最近は赤やピンクなどカラフルなものも出ています。ヘルメットやブーツが黒や茶色が多いので、グローブは鮮やかな色にしてもおしゃれな感じがします。


次は、ソックスです。
乗馬をされている方は、結構ソックスにはこだわりがあるのではないでしょうか。
ソックスを履くときは乗馬ズボン(キュロット)をソックスの中に入れて履くのが一般的です。
DSC00850.jpgDSC00851.jpg
最近はブーツを履いたような絵柄のソックスもあります。

DSC00853.jpgDSC00852.jpg
キラキラした伸縮性のある生地のソックス、キュロットと色を合わせて履くとカッコイイです!

選ぶときは、キュロットの色や柄と合わせて考えるといいです。


今日は、乗馬の道具、番外編としてグローブとソックスをお届けしました。
グローブやソックスなら、乗馬をされている方へのプレゼントとしても最適ですよ。

それでは、今日はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

誰かへのプレゼントを考えるって、少しワクワクして楽しいですね。

高橋

2012人気ブログ記事ランキング ベスト10

こんにちは、高橋です。
私がこのブログ記事を書き始めて、1年半が経過しました。
いつも読んでいただいている皆様、ありがとうございます。

本日は、2012年に書いた記事の中から、ベスト10をお届けします。
今年も残りわずか・・・少し早いですが、記事を読みながら一緒に1年を振り返ってみましょう。
やはりランクインしている記事はロンドンオリンピックに関連するものが多いですね。

10位ロンドンオリンピックは馬術を応援しよう!~障害馬術編~
障害馬術のルールを解説。記事の最初はなぜか馬語の世界から・・・

9位乗馬クラブクレイン山口が、4月1日OPENします!
4月にOPENしたクレインでは31番目となるクラブ、クレイン山口をご紹介。

8位ロンドンオリンピックまで、あと、1カ月!馬術を応援しよう!
なぜ、馬術競技がオススメなのか、その理由は?

7位ロンドンオリンピックは馬術を応援しよう!~馬場馬術編~
馬場馬術のルールを解説。うーん今読んでも面白い・・自画自賛・・。

6位乗馬を始めるときに揃えたい道具、ベスト5!
何を書こうか迷った時に思いついた記事!?最近は道具ごとにご紹介しています。

5位東北の地にも桜が咲き始めました!
震災から1年後、仙台に行った際のお話です。

4位乗馬をするならこだわりたい道具、ブーツ
ブーツのいろいろをご説明、乗馬を始める際の参考に!

3位桜と馬にまつわる映画をご紹介!
馬、乗馬目線から映画を紹介。4月桜がきれいな季節に見たい映画です。

2位馬とのめぐりあいを大切に・・・いざ、ロンドンオリンピックへ!
ロンドンオリンピック総合馬術に出場した弓良選手。ロンドンへ渡る直前にインタビューしました。

1位ロンドンオリンピックはじまりました!総合馬術を応援しよう!
やはり、1位はロンドンオリンピック!クレインからも3名の選手が出場しました。


以上今年のベスト10記事でした。
ロンオリンピック関連の記事が5つランクインしました。
さて、皆さんは2012年、何が思い浮かびますか?


今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後も、皆様にお楽しみいただけるような記事をお届けいたします。
皆様の乗馬ライフにお役立ていただけましたら幸いです。


高橋

これからは馬が元気な季節!乗馬も楽しい季節!

こんにちは、高橋です。
朝晩の気温差が大きくなり、最低気温が8℃以下の日が続くと紅葉も進むようです。

紅葉といえば京都を思い出しますが・・・(修学旅行で行きました)
週間天気予報を見ると、そろそろ来週くらいから色づきはじめるのではないでしょうか。

DSC00840.jpg
クレイン茨城でも少しずつ葉が黄色になってきました。

今日はこれからの季節、乗馬の楽しみをお届けします。

まずは馬たち。
気温が下がってくると、徐々に毛が長くなり冬毛になってきます。
どちらかというと、暑さは苦手ですが寒さは平気なんですね。
夜、厩舎(きゅうしゃ)の中では馬着(ばちゃく)といって、馬専用の服を着させます。
(詳細は以前のブログをご覧ください。)

これからの季節、どちらかというと馬は元気になってきます。
これは推測でしかないですが、なぜ元気になるかというと、たぶん、馬の合図に対する集中力が高くなり、体力が維持できるようになるからではないかなぁと思います。
今の季節だからこそ、楽しめる馬の雰囲気があります。


次に乗馬ファッションです。
秋から冬にかけては、いろいろと乗馬ファッションを楽しめる季節でもあります。
ベストやジャケット、グローブやマフラーなど各メーカーごとに雰囲気の違うファッションが出てきます。

DSC008422.jpgDSC008444.jpg
AIGLERidequitのジャケットがかっこいいです。インナーのベストは取り外して着ることもできます。

例えばユーロスターはドイツのメーカーですが、デザイン性のあるおしゃれな感じです。
(日本語ではないですが、euro-star公式サイトでカタログをご覧いただけます。)

みなさんも長靴でご存じのAIGLEはフランスのメーカーですが、どちらかというとシンプルでカッコイイジャケットが多いです。(上の画像はAIGLEジャケットです。)

ノルウェーのメーカーであるKINGSLANDは、北欧らしく斬新ながらスタイリッシュなデザインです。(KINGSLAND公式サイトで雰囲気をご覧いただけます。日本語ではないですが・・)

いろいろ見ているだけでも楽しくなってきますね。
乗馬クラブクレインでも一部商品を置いています。)

senior008.jpg

そして、最後に、カラダを動かすには乗馬は最高のスポーツです!
どちらかというと、運動をしようと思って乗馬をするのではなく、乗馬を楽しんでいたら運動になっていた。という感じです。

空気が澄んで気持ちの良い季節、深呼吸をして、馬に乗ってみませんか?
大人もこどもも一緒になって楽しめますよ~

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


私はこの時期になると、2年前第九の合唱の練習をしていたことを思い出します。
本番が12月だったので、どんどん合唱が完成に近づいてきて、練習しながらワクワクしていました。ベートーヴェンの交響曲第9番が聞きたくなります。


高橋

馬ってどんな動物?【12】・・・馬の動作でわかること

こんにちは、高橋です。
暦の上では秋も最後の候です。(11/2~楓蔦黄もみじつたきばむです)
毎朝通っている道の両側の木々たちが、赤や黄色のコントラストで彩られ、光があたるととても美しいです。

DSC00827.jpg
クレイン茨城では森からドングリの便りが!?

DSC00828.jpg
秋の森に光が差し込んで、なんだかホッとする空間です。

さて、今回は馬の動作についてです。
動作といってもいろいろとあります。見るところは、耳、目、しっぽ、体の動き、鳴き声などです。
やはり、馬と一緒にいる時間が長いほど、なんとなくではありますが、何でその動作をしているのかがわかるようになってきます。

まずはわかりやすいしっぽの動きからです。
しっぽをブンブン振っているときがありますが、大抵は虫をはらうためです。
ちなみにお腹の下に虫が来ると、後ろ脚ではらいますし、前脚の付け根に虫が来ると、首を振って頭で虫をはらいます。

虫をはらう以外にしっぽをふるときは、少し不快感があるときです。
そういうときは、どちらかというと上下にしっぽをふります。
うれしいとき、興奮しているときはしっぽを高く上げます。


DSC00790.jpg
キングアーサーが鼻を出して「なんかちょーだい」と言っています。

次に馬が鼻のさきでツンツンしてくるときがあります。
これは、自分のほうに関心を向けてほしいとき、また、お菓子をおねだりしているときです。
(馬は砂糖も好んで食べます。メインの食事ではないので、馬をほめたりするときに少量をあげます。人間的に言うとお菓子みたいなものです。)
何かをおねだりするときは、鼻を鳴らして「ドゥドゥドゥドゥー」などと鳴くこともあります。


少しずつでも、何で馬がそういう動きをしているのかがわかってくると、馬に対する親近感もわいてきます。今回は、馬の近くにいるとよく見かける動作をご紹介しました。
まだまだあるのですが、続きはまたの機会に。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


そういえば、昨日の朝、にじいろジーン(毎週土曜あさ8:30~放送)で佐藤浩市さんがぐっさんと一緒に北海道で外乗を楽しまれている様子が放送されました。どうやら、お二人が出演されている映画「のぼうの城」(現在公開中)で、佐藤浩市さんは撮影の7~8割が馬の上だったそう。だから、ゆっくり馬に乗ってみたかったということでした。

"秋の外乗" いいですね~


高橋