夏休みの思い出・・・馬に乗って外へ出よう!

こんにちは。高橋です。
最近、夕暮れ時の空がきれいで・・・つい見とれてしまいます。

120814_182825.jpg
橙色から淡い水色、そして夜の空色へと変わっていくグラデーションが美しいです。

さて、お盆も終わり、子どもたちにとっては夏休みの終わりが見えてくる時期ではないでしょうか?(おとなたちは、すでに働いている方も多いですね、お疲れ様です。)
夏休みの思い出はできましたか?
私はというと・・・?


昨日の朝、めざましどようび(フジテレビ毎週土曜朝6時~)TOP OF THE WORLD~ハワイ編で鈴木ちなみさんがサンセット・ライドを楽しんでいました。
1時間ほど馬にゆられながらのんびり歩くコースでしたが、途中、牧場から見下ろす海に沈んでいく夕陽は感動的で、ほんとうにきれいでした。(ハワイ島のコハラマウンテンにあるパニオロ牧場で楽しめるようです)
この映像を見ながら、「あぁ、こんな夏の思い出いいなぁ」と、想像だけで終わりました。


そうです!
こんな感じで、自然の中を馬にゆられながら散歩する、ときには走って風を感じる!
それを"外乗"(がいじょう)といいます。(海外ではトレッキングということもあります。)
乗馬をするなら、私はぜひ、みなさんに外乗をオススメします。


もちろん、外乗はある程度馬に乗れたほうが、より楽しむことができます。
一度、馬に乗れるようになってしまったら、旅先でも楽しみ方の幅が広がります。
ハワイ島コハラマウンテンで乗馬、モニュメントバレーで乗馬、モンゴルの草原で乗馬などなど海外をはじめ、日本でもさまざまな場所で楽しむことができます。
乗馬クラブクレインでは、クレイン恵那で湖畔沿いを、クレイン金沢で海岸沿いを、クレイン湯布院で草原を走ることができます!

_DSC4392.jpg
クレイン湯布院の外乗風景です。

さて、ある程度乗れるくらいとはどれくらいかというと。
馬に乗って駈歩(かけあし)ができるくらいです。乗馬ライセンスでいうと4級くらい、みなさんがイメージしやすいのは、映画で草原を走っているシーンではないでしょうか。

駈歩は難しいものではありません。練習すれば、できるようになれる乗馬の基本的な走り方です。
あなたも"外乗"、目指してみませんか?
楽しいですよ~

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日は、クレイン茨城は夏祭り。
カレーに焼き鳥にかき氷の屋台あり、カドリール発表会あり、楽しそうなイベントです。


高橋

暦の上では寒蝉鳴の季節・・・オリンピックもあと2日です

こんにちは、高橋です。
今日からお盆休みという方も多いのではないでしょうか?

タイトルにある"寒蝉鳴"(ひぐらしなく)。
実は日本の四季は、さらに細かく二十四節気、さらにさらに細かく七十二候に分けられます。
"寒蝉鳴"は四季は秋、二十四節気は立秋の次候にあたります。(8月12日~16日頃)
暑さの頂点もここまで、徐々に秋に近づいていく、そんな時期です。

DSC00785.jpg
クレイン茨城には大きな木がたくさんあり、セミの合唱が聞こえてきます。
どこにいるか見えますか?画像の中央にポツンといます。

ひぐらしは夕方に「きーーきききき」もしくは「けーーけけけけ」という感じで鳴くセミです。ちょうど馬たちの夕ごはんの時間と重なり、「きーききき、ヒヒーン、けけけ、ドゥドゥドゥー」と合唱になっていました・・・(擬音語は難しいですね。)
セミの声を聞いていると、夏の夕暮れ、子どものころ田舎で遊んでいたことを思い出します。


さて、ロンドンオリンピックも後残りわずか。
8月12日が閉会式です。(日本では13日5時ころです。)
みなさんは、堪能されましたでしょうか。
終わってしまうんだ~と思うと、少しさみしい感じがしますね。

今日はロンドンオリンピック馬術競技の結果をお届けします。

総合馬術団体
1位ドイツ
2位イギリス
3位ニュージーランド

総合馬術個人
1位Michael Jung(30)ドイツ
2位Sara Algotsson Ostholt(37)スウェーデン
3位Sandra Auffarth(25)ドイツ

障害馬術団体
1位イギリス
2位オランダ
3位サウジアラビア

障害馬術個人
1位Steve Guerdat(30)スイス
2位Gerco Schroder(34)オランダ
3位Cian O'Connor(32)アイルランド

馬場馬術団体
1位イギリス
2位ドイツ
3位オランダ

馬場馬術個人
1位Charlotte Dujardin(27)イギリス
2位Adelinde Cornelissen(33)オランダ
3位Laura Bechtolsheimer(27)イギリス

以上馬術競技の結果でした。(詳しい結果はロンドンオリンピック公式サイト(※終了しました)でご覧ください。)
イギリス、ドイツ、オランダは強いですね。
()内は選手の年齢です。
今回のメダリストは20代、30代ですが、実は4位以下入賞した選手を見てみると、50代、40代の選手も多いんですね。他の競技が20代や30代で今後の進退を考えるのに対し、馬術は選手生命の長い競技とも言えます。

2012ロンドンオリンピックはNHKのネット生中継でリアルタイムに馬術競技を楽しめました!
総合馬術のクロスカントリー、迫力ありました!
障害馬術のファイナル、2位、3位を決めるジャンプオフ、ドキドキしました!
馬場馬術のグランプリフリースタイル、音楽に合わせた馬たちの動き、素晴らしかったです!
そして、何よりも日本から出場している選手がいて、応援することができたのはうれしく、感動しました。


残り2日間楽しみましょう!
今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ロンドンオリンピック馬術競技を見逃した!という方はNHKのロンドン2012オリンピックサイトから動画でご覧いただけます。


高橋


補足:ジャンプオフとは障害馬術標準競技で減点数が同点だった場合に、順位を決定するため、さっき走行した障害コースのいくつかの障害を選んで、再度コースを組み、タイムと減点数で競います。この場合、減点数0でもタイムが速いほうが勝者になるため、いかに障害のバーを落とさず、かつスピードを保ってゴールするかがポイントになります。
今回は、Gerco Schroder選手が最初に走行、減点0でいいタイムでゴールを切ったため、次に走行したCian O'Connor選手もタイムを気にしながら速いペースで走行していました。しかし、このままゴールすれば勝てるというところで・・・「カランッ、ぽとっ」一番最後の障害のバーを落としてしまいました。
うーん、勝負の世界はすごいですね。

ロンドンオリンピック楽しんでいますかー?

こんにちは、高橋です。
連日ロンドンオリンピックで寝不足・・・なんて方も多いのではないでしょうか。
私は毎日感動しっぱなしです。

今、ロンドンは5日の朝です。
選手たちはすっきりした朝を迎えているのでしょうか、それとも今日迎える競技の緊張で眠れない夜を過ごしたのでしょうか?
いずれにしても、みんな、頑張ってほしいですね。

DSC00784.jpg
夏です!!クレイン茨城のフロントに地元産スイカが置いてありました。スイカ食べながらオリンピック観戦なんていうのもいいですね。

さてロンドンオリンピック馬術競技はというと、今は馬場馬術と障害馬術が行われています。
馬場馬術の法華津 寛選手とウイスパーはGrand Prix Special に進むことはできませんでしたが、演技が終わった後、会場からは惜しみない拍手が送られていました。
総合馬術、馬場馬術、障害馬術とNHKのネット生中継で日本でも見ることができるなんて幸せです。


7/28~31で行われた総合馬術は表彰式まで見ていました。
表彰式では映画「炎のランナー」のテーマ曲が流れる中、表彰された選手と馬がウイニングランをしていました。その光景はとても感動的で、メダルを取った選手たちは、ほんとうにうれしそうでした。

総合馬術団体戦は1位ドイツ、2位イギリス、3位ニュージーランド、日本は12位でした。
個人ではクレインから出場した根岸 淳選手とプリティーダーリンが39位、同じく田中 利幸選手とマーキードプレスコが48位でした。残念ながら弓良 隆行選手とラティーナ43は失権に終わりました。クレインの選手以外で、佐藤 賢希選手とチッピー、大岩 義明選手とヌーンデイドゥコンドゥも失権に終わりました。


馬術競技はもちろん、他の競技を見ていても思うのですが、オリンピックは国別対抗競技で、日本中の人たちが一緒になって応援する、一体感を持てる機会なのではないでしょうか。
そして、1回限りの、競技の瞬間に挑む日本代表の選手たち、その真剣な姿勢や努力、気持ちを感じることで、応援している私たちは感動や自分たちが頑張れる勇気をもらえるのではないかと思います。

DSC00783.jpg

今回の総合馬術団体は終わりましたが、これは新たなはじまりであると感じます。
私は、こうした世界へのチャレンジの継続が、4年後、8年後(もしかすると東京?)の飛躍につながっていくことを期待して、応援し続けたいと思います。

今日は19:00から障害馬術の2次予選です。
杉谷 泰造選手とアヴェンツィオが登場します。(武田 麗子選手とアリは残念ながら2次予選に進めませんでした。)

NHKのロンドン2012オリンピックサイト(※終了しました)のネット生中継で競技の様子をご覧いただけます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ちょっと違う視点でロンドンオリンピックを見ているほぼ日の「観たぞ、ロンドンオリンピック!」。
最近、ハマっています。

高橋