ロンドンオリンピックまで、あと、1カ月!馬術を応援しよう!

こんにちは、高橋です。
ロンドンオリンピックまであと1カ月となりました。
にわかに、世間もオリンピックムードが高まってきていますね。
テレビで馬術競技を放送してくれないかな~と思う今日この頃です。


馬術競技のスケジュールは・・・
総合馬術が7/28~31
馬場馬術が8/2,3,7,9
障害馬術が8/4~6,8
での開催となっています。

競技の結果はもちろん、ロンドンオリンピック公式サイトで確認することができますが、やはり映像でみたいですよね。

そんな方はYouTubeのOfficial Olympic Channelをご覧ください。
全部ではないですが、どのような競技場で馬術が行われているのか見ることができます。
例えば、北京オリンピックの総合馬術クロスカントリー競技はこんな感じです。
Equestrian - Eventing - Cross Country - Beijing 2008 Summer Olympic Games

馬術競技は英語で"Equestrian"になります。
ちなみに、総合馬術は"Eventing"、障害馬術は"Jumping"、馬場馬術は"Dressage"です。
映像を見るとき、どこの国の人かはゼッケンの国旗で判別できます。
DSC00767.jpg
鞍の下にしくパッドのようなものをゼッケンといいます。

みなさんに馬術競技をオススメする理由は、実は他の競技とは違う魅力があるからです。

魅力その1 馬術は男女が対等に競い合います。男女対等に競うのは馬術だけです。
魅力その2 60代以上の人も活躍しています。北京オリンピックの障害馬術団体で出場したカナダのイアン・ミラー選手は61歳で銀メダルを取っています!
魅力その3 動物だけどパートナーである馬と一緒に競い合います。人だけでも、馬だけでもダメです。人馬ともに呼吸があい、パーフェクトなパフォーマンスができなければなりません。

そして、総合馬術、障害馬術、馬場馬術それぞれにみどころと迫力、そして感動があります。
ロンドンオリンピック開催まであと少し。
そのみどころを、初心者のかたにもわかりやすく、少しずつご紹介していきます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

この夏、親子で見に行きたい映画!

こんにちは、高橋です。

この間、WEBでニュースをチェックしていて・・・「あっ、セイラだ!」と思ったら、アニメーション映画「メリダとおそろしの森」のイベントでした。
主人公メリダの日本語吹替え版声優の大島優子さんが乗って登場した馬で、ポニーとして紹介されていましたが、きっとクレイン茨城にいるセイラと同じハーフリンガーという種類ではないかと思います。
DSC00762.jpg
クレイン茨城にいるハーフリンガー種のセイラです。見た目は美しいセイラ・・見た目は・・。


「メリダとおそろしの森」はディズニーとピクサーがおくる、7月21日公開のアニメーション映画です。ピクサーはあのトイストーリーやカーズを制作したアニメーションスタジオです。
今回も楽しみですね!

実は、大島優子さんが馬に乗って登場したわけは、映画の中でメリダの愛馬アンガスが、相棒として登場するからです。映画の中のアンガスは、おそらく、ブルトンとかペルシュロンとか馬のなかでも重種(じゅうしゅ)という種類ではないかと思います。


ちなみに馬の種類は大きく3つに分けられ、その中でさらに馬の種類に分けられます。
軽種 サラブレッド、アングロアラブ・・・競馬場で見られます
中間種 セルフランセ、ハノーバー・・・オリンピック競技馬術などで登場します
重種 ペルシュロン、ブルトン、クライズデール・・・ばんえい競馬で見られます(以前のブログも参考にどうぞ)

ちなみに体高(たいこう・・馬の身長です)が147cm以下の馬はポニーといいます。
体高(たいこう)は地面から馬のき甲までの高さをはかります。
DSC00765.jpg
クレイン茨城のカリーノに協力してもらいました。


映画の予告を見たのですが、馬のアンガスがとても表情豊かに描かれています。
実は、ほんものの馬もアンガスくらいに表情があります。
耳、目、鳴き声、しっぽの動き、仕草などなど、馬の気持ちをわかろうとすれば、人でも感じとることができます。(もちろん、全部は無理ですが・・・)
馬に乗るたのしみのひとつは、言葉を話せない馬とコミュニケーションを取って、気持ちが通じたときに一緒になって走れる。そんなところにあります。

この夏、ぜひ、「メリダとおそろしの森」を見にいってみてください。
きっと、アニメーションならではの空間に引き込まれ、こころ動かされることでしょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし、夏休み馬に乗ってみたいと思ったら、お近くのクレインへどうぞ。
見学もできますよ~。

高橋

馬ってどんな動物?【9】・・・乗馬クラブクレインの馬の1日

こんにちは。高橋です。
今日は梅雨にはいったけど、快晴hare.gifクレイン茨城からお届けします。

DSC00750.jpg

今回は馬の1日にスポットをあててお届けします。

朝は6:00頃に1回目の飼い(ごはん)が配られます。また、体調をみるために体温を測り、OKであればスタッフにより運動を行います。

ごはんの中身はというと・・・
DSC00751.jpgDSC00752.jpg
乾草やヘイキューブ等、基本は草です。いくつかの種類を栄養のバランスをみて与えます。
1頭1頭、運動量や健康状態に応じて内容が変わります。

DSC00748.jpg
11:00頃、昼飼いを食べるカリーノ。

馬たちは1日4回(6:00、10:00、15:00、20:00)に分けて、ごはんを食べます。
というのも馬の胃は一度に多くの食べ物を消化することができないからです。
その上、馬の腸は長く、180度にまがっているところが2カ所あり、おりたたまれるようにお腹におさまっているため、食べたものがつまりやすくなっています。(人間で言うと便秘のようなものです。馬の場合は疝痛せんつうといいます。)

DSC00754.jpg
今日、朝から疝痛だったウォータネバダ。治療中に動かないように鼻ねじをされています。
がんばれ~
疝痛の時は、1日レッスンもお休みし治療に専念します。もちろん、ごはんは抜きです。

通常、馬たちは1日に2レッスン~6レッスン、休憩をはさみながら参加します。
レッスンに参加している間、もしくは休憩中に馬たちのお部屋(馬房ばぼう)が掃除されます。
DSC00755.jpg
お部屋掃除待ちの秋(シュウ)、そして奥は獣医さんに治療されているウォータネバダ。

掃除したあとのお部屋は・・・
DSC00749.jpg
木くずが敷き詰められてふわふわです。馬たちはもどってくると、気持ちよさそうに寝転がったりします。

最後のレッスンが終わると、馬たちは足を洗い、手入れされ、お部屋(馬房ばぼう)に戻ります。
馬房にいるときは、ぼーっとしているか、立ったまま寝ています。

私の見た感じではありますが、馬たちはごはん前が一番テンションがあがります。
鼻をならして、前かきをして、自分のところにごはんが来るのを待っています。音がお届けできないのが残念ですが、馬たちの個性的な鳴き声を聞くことができます。(ドゥドゥとかヒーンとかヒヒヒとかです・・・わかりづらいですね・・前かきとは馬が何かを訴えるときの仕草のひとつで、前足をあげて地面をカツカツとかきます)


毎日見ている馬たちですが、みんな表情があり、個性的で、いとおしい存在です。
大きな瞳でみつめられると、何かをしてあげたくなります。
みなさんも、「見つめてもらいたいなぁ。」とか思えてきましたか?

そんな方はお近くの乗馬クラブクレインへお越しください。
いつでもお待ちしております。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋