馬ってどんな動物?【6】・・・冬の馬たち

こんにちは。高橋です。
秋が深まってきましたね~。
陽ざしがあたたかくてここちよいクレイン茨城からお届けします。

クラブのベランダでタオルを干していたら赤とんぼが数匹とまっていました。
つかまりやすいのかな?
DSC00555.jpgDSC00554.jpg


今回は冬の馬についてのお話です。

馬も寒くなってくると"馬着"(ばちゃく)という馬用の服を着ます。
DSC00561.jpg
今の時期ですと日中はあたたかいので、夜に着せて朝に脱がせる感じです。
写真はクレイン茨城のピカンテです。


寒くなってくると、馬の毛は厚い冬毛に生えかわわり、体から熱が逃げるのを防ぎます。
下の写真を見比べてください。上が冬毛です。少しわかりづらいかもしれませんが、実際に目の前で見ると、モコモコしていてぬいぐるみのようです。
DSC00558.jpg
ラスカルです。かわいいですよ~お顔は後日お披露目いたします。
下が普通の毛、シルクフォトグラフです。きれいな馬です。2頭ともクレイン茨城にいます。
DSC00556.jpg


馬は人と同じで、暑いと夏バテをする場合があります。そして涼しくなり、寒くなってくると本領発揮といわんばかりに元気になってきます。(季節の変わり目、朝運動しているときに、んっ?今日は元気かも・・・と変わるときがあります。)

冬は馬も元気になるんですね。
元気なので運動をすると汗をかくこともあります。あまり毛が長いと体がぬれたままで乾きにくくなり、逆に体を冷やしてしまうので、毛刈りをする馬もいます。(馬専用のバリカンがあります!)

毛刈りはけっこう大変です。
馬は音や慣れていないことには敏感に反応したりするので、様子を見ながら丁寧に毛刈りをしていきます。毛の刈り方には"ハンタークリップ"や"ブランケットクリップ"などの種類があり、熟練した人はほんとうにきれいに毛刈りします。




DSC00562.jpgDSC00563.jpg
これからの時期の乗馬ウェア。袖に馬のロゴがついています。


乗馬は冬もできるんですか?

と聞かれることがありますが、冬はある意味乗馬シーズンです。馬は元気になり、乗馬ウェアもいろいろ揃い、ファッションを楽しみながら乗馬するというイメージです。馬に乗ればからだもポカポカしてきて、外に出にくい冬だからこそ丁度いい運動になります。


もうすぐ12月!cid_01_111127_144207__841SH@softbank_ne.gifです。「今年のクリスマスは乗馬。」なんていうのもよくないですか?
いつもと違う自分にであえるかもしれませんよ。
もちろん初心者の方もOKです!cid_01_111127_172029__841SH@softbank_ne.gif

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日は大河ドラマ江の最終回。江の乗馬シーンが見れそうです!cid_02_110911_171056__841SH@softbank_ne.gif

高橋

Happy!乗馬ライフ2 馬との出逢い・・・

こんにちは。高橋です。
前回に引き続き、私が乗馬をはじめてからの日々をお話したいと思います。


大学時代に乗馬をはじめて、少し慣れてきたころに担当する馬ができました。
(ショコラ・オレというポニーとデスコダンサーというサラブレッドです。ディスコじゃないですよ。)
担当すると、毎日健康状態をチェックし、その日の運動が少なければ乗ったりしていました。
ポニーのショコラ・オレに乗るとよく落馬したものです(・・。)ゞ
IMG_0971.jpg
馬との出逢い・・・いつどこで出逢うでしょうか?

必然的に他の馬に比べて接する時間が長くなるので、その馬の特徴をより知ることができました。デスコダンサーから学んだことは他の馬に接する際にも、とても役に立ちました。思えば、はじめての乗馬体験もデスコダンサーです。
デスコダンサーにはいろいろと教わりました。


私は乗馬をはじめて15年くらいですが、担当した馬は9頭です。どの馬も個性的で、愛らしい馬たちです。馬たちとかかわってきてわかったことは、馬は純粋だなぁ。ということです。


uma.jpg
クレイン茨城のトキシラズです。カメラに鼻を近づけて確かめています。

馬とコミュニケーションを取ることは難しいことではないと思います。もちろん、言葉は話せませんが、彼らは目や耳、行動などでそのときの感情を伝えてきます。
そして、人が愛情をそそげば、馬もそれに応えてくれます。


乗馬をはじめたとき、馬との出逢いは、一つの楽しみになります。
ほんとうに一頭一頭見た目も、性格も違い、乗ってみるとさらに違いがわかり、知れば知るほど楽しくなってきます。


乗馬クラブではさまざまな馬との出逢いがあります。

もともと乗馬クラブの馬たちは、乗馬クラブにいたわけではなく、いろいろなところからやってきます。(以前書きました乗馬クラブの馬はどこから来るの?をご覧ください。)
多くは競馬を引退したサラブレッドですが、牧場から来る馬もいます。
クレイン茨城にはサラブレッドの他に、中半血、スポーツ種、ハーフリンガー、トロッターなどの馬がいます。)

DSC00532.jpg市場風景.jpg
北海道では競りが行われたりします。ここでも新しい馬との出逢いがあります。

どこで、どんな馬に出逢うかわかりません。
人と同じように出逢いは大切にしたいですね。


あなたのすぐ近くにも、出逢いを待っている馬がいるかもしれません。
どこかで馬を見かけたときは、近寄って声をかけてみてください。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
これから少し寒くなるようですので、みなさまも風邪などにはお気を付けくださいませ。
乗馬をするとカラダがポカポカあたたまっていいですよ~ヽ(=´▽`=)ノ

高橋

Happy!乗馬ライフ

こんにちは。高橋です。
少しずつ気温も下がってきて、毎朝通る道沿いの木々が色づきはじめました。
こんな季節は馬のあたたかさが心地よく感じます。
(馬の平熱は37.0~37.8くらいなので人間よりあたたかいんですね)

DSC00536.jpg

DSC00528.jpg
なになに~?と顔を近づけるハイソックスチャン。

秋はノスタルジックな季節。学生時代に新潟で馬に乗っていたころを思い出します。
日が暮れるのが早くて、寒かったな~

私が乗馬を始めたのは大学生のときです。
きっかけは、大学の掲示板に張ってあった部員募集の紙。
友人と3人で体験に行きましたが、部員になったのは私一人でした。

もちろん"部員"ですから、馬の部屋(馬房ばぼうといいます)を掃除したり、馬のご飯をあげたり(飼いつけといいます)、馬をきれいにしたり、いろいろと経験しました。

大きな馬たちを目の前に、はじめてのことばかりで、最初はとても疲れましたが、何よりも馬と接することが楽しく、おもしろく、毎日通っていました。(部員なので当たり前なのですが・・)


やっぱりわからないことだらけなので、最初はよく人が乗っているところ、馬に接している姿を見ていました。先輩がやっているのを真似て同じように接しても、馬は同じようには応えてくれませんでした。

何が違うんだろう・・・

そんなことを思いながら、馬と向き合っていた日々を思い出します。
馬と向き合うことは今も変わらず続いています。
馬はいいですよ!まさにHappy!乗馬ライフです、、(仕事でもありますが。。)

IMG_0939.jpgのサムネール画像

先日、このブログでもご紹介しましたが、北海道のばんえい競馬を舞台に描かれた映画「雪に願うこと」。映画を見るとわかるのですが、ここに出てくる人たちはほんとうに馬を大切にしています。そして馬に携わることによって、なんだか、人が救われている部分があるのではないかと感じます。

この映画でもこんなセリフがでてきます。

「馬はいいべ」

この一言にいろいろな思いが込められています。

IMG_0916.jpg
北海道文化遺産のばんえい競馬、帯広に行った際は見に行ってみてください。とてもすごい迫力です。


"Happy"のあり方は人によって違うかもしれませんが、馬とふれあうことで得られる"Happy"は誰にでも、きっと、あります。


私のきっかけは、大学の掲示板に張られていた一枚の紙でした。(ちなみにクレイン茨城の水野指導員は北の国から・・・馬で草原を走るシーンです)

大河ドラマ江を見ていて馬で走るシーンがかっこよかった!
このブログを読んでいて乗ってみたくなった。
など少し気になったときは馬に逢いに来てくださいヾ(=^▽^=)ノ

きっと、あなたを"Happy"にする馬との出逢いが待っています。

今日は2011年11月11日、あの地震から8か月が経ちました。
被災した馬たちは仙台泉パークタウンで、全国のクレインで元気にしています。
少し疲れた時は馬に逢いにいらしてください。
いつでもクレインはお待ちしております。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋