馬ってどんな動物?【3】-馬はすごい!-

こんにちは。高橋です。
今回は昨日5/28取材に行ってきた"第32回全日本ヤング総合馬術大会2011"のJRA馬事公苑(東京都世田谷区)での様子を交えながらお送りします。

DSC00339.jpg
馬事公苑は普段は公園のような感じで入ることができます。


総合馬術って何?


そんなみなさんのために簡単にご説明します。

3日間で行われる競技なので"Three Day Event"とも言われます。
同じ選手と馬で3つの種目を競い、3日間の総合成績で順位を決めます。

1日目馬場馬術競技
2日目クロスカントリー競技
3日目障害馬術競技
それぞれ調教審査、耐久審査、余力審査と言われ、2日目のクロスカントリー競技が特に重要な種目になります。

今回はその2日目のクロスカントリーを取材してきました。
クロスカントリーは野外に自然に近い形で設置された固定障害を走り抜けていく競技です。
DSC00328.jpg
田中利幸選手とマーキードプレスコ


"パートナーシップ"と"勇気"


それがこの競技のテーマでもあります。
このクロスカントリー競技は、もちろん人馬の技術や経験も必要になりますが、それ以外に馬との"パートナーシップ"、そして、その上に成り立つ"勇気"が必要になります。


一番最初にお話ししましたが、馬は言葉を話せません。
だから人が馬を思いやることでコミュニケーションを図ろうとしなければ馬とのパートナーシップを築くことはできません。


ほんとうに強いパートナーシップで結ばれた人と馬だけがこの競技に参加できるといえるでしょう。


厩舎にいるときはこんな表情をしている馬でも
DSC00323.jpg
アイシングラーです。目と耳を下の画像と見比べてみてください。

競技に出ると表情が変わります!乗り手の意識と馬の意識が同じ方向を向いてます。
DSC003302.jpg
永松敬一郎選手とアイシングラー。クリックすると少し大きくなります。


みなさん違いがわかりましたか?
ものすごい勢いで通り過ぎていったので画像が少しぼやけています・・・


ここまで来て言いますが、実は私はクロスカントリーを見たのは今回がはじめてです。
目の前を通り過ぎていく選手と馬たちを見ていて、ほんとうにドキドキ!
緊張しました(〃´o`)=3 フゥ(選手でもないのに・・・)

けど何よりも競技では馬のコンディションが重視され、コースの作成であったり、獣医による馬体検査であったり、多くの人が競技を支えていました。
DSC00353.jpg
クロスカントリー走行後に獣医のチェックを受けていました。


そういったみんなの思いの中、競技が開催され、ほんとうに真剣に熱い思いを持った選手と馬たちは感動的で素晴らしかったです。
DSC00365.jpg
根岸 淳選手とミスターダンディー。クリックすると少し大きくなります。

改めて馬のすごさ、馬に乗ることの素晴らしさを感じた1日でした。

総合馬術競技は今後も開催されます。
機会があれば、ぜひ実際に見に行ってください。感動します!(はじめて見た私が言うので間違いありません)

日程は(社)日本馬術連盟 開催予定カレンダーでご覧いただけます。
みなさんも、選手を応援してくださいね!


高橋

馬ってどんな動物?【2】

こんにちは。高橋です。
少しくもり空のクレイン茨城からお届けします。
馬ってどんな動物?2回目です。

DSC00314.jpg

前回もお話しましたが、馬は言葉を話せませんので人が馬の様子を感じ取ることでコミュニケーションを図ります。今回は馬の気持ちを表す目と耳について少しお話します。


馬の目は顔の横についています。
顔の横についているとどう見えるかというと・・・
実は片方の目で160度~170度くらい見ることができます。
とても広い視野を持っているんですね。


よく「馬の後ろから近付いちゃダメ!」と言われますが、それは唯一自分の後ろは見ることができないため、いきなり後ろから近づくと馬を驚かしてしまうことになるからです。


馬が驚くとどうなるかというと・・・
走って逃げるか、驚いた標的を蹴って遠ざけようとします。
みなさん馬に近づくときは後ろから近づかないようにしましょうね。


次に馬の耳についてですが、
馬の耳は人には聞き取れない高音域の音を聞くことができ、遠くの音にも反応します。
そして、耳の動きは馬の気持ちを表します。

何かに注目しているとき、馬は両目と両耳を注目しているほうに向け確認しようとします。
下の画像のような感じです。
DSC00301.jpg
前回も登場したカリーノです。


ちょっと不快な気持ちを持っているときは耳を後ろにふせます。
(おびえる、怒る、痛みを感じる、落ち込む・・・などの感情です)
写真を撮るのが難しいのでイラストになりますが、下のような感じです。
vol01_01.gif

耳を伏せているときにどんな気持ちなのかは、その時の周りの状況も見て判断します。

ただ、基本はボーっとしていることが多い馬。
耳は少し横に開き、目がとろ~んとしていることも。


みなさん。なるほど~と思っていただけましたでしょうか?
今後も少しずつ馬についてご紹介していきますのでお楽しみに!


けど何よりも実際に馬を目の前にしたほうがわかりやすいです。
これを機に乗馬してみようと思った方はぜひお越しください。

乗馬クラブクレインWEBサイトはこちらからどうぞ。

高橋

馬ってどんな動物?

こんにちは。高橋です。
カラッと晴れたクレイン茨城からお届けします。

DSC00300.jpg
花菖蒲が涼しげに咲いています。

さて、みなさんは大きな馬を目の前にしたことがありますか?
なかなかないですよね。
実は知れば知るほど興味深い動物です。


言葉を話せない馬。

けど生きていますから感情はあります。

もちろん馬は人ほど知能はありませんから、人が馬の気持ちや感情を思いやらなければ、なかなか人の言うことも聞いてもらえません。


"おたがいさま"ということです。


人と人だとコミュニケーションが取れる分、自分の思いや周りの環境、立場などでなかなか相手の立場に立つということができないこともあります。

しかし馬はそんなことは気にしません。
人の思いや立場など関係なく、目の前にいる人であり、自分(馬)にとってどんな人なのか。それだけです。そしてたまに気付かせてくれることがあります。


"思いやる"とはどういうことか。


ちょっと新鮮な感覚・・・気持ちになれます。

前置きが長くなりましたが、みなさんが馬の気持ちを知ろうとするとき、どこに注目すればよいか?少しずつご紹介していきます。


次回は基本中の基本、馬の「耳と目」についてです。
お楽しみに!
DSC00302.jpg
厩舎から現れた私を確認しようとするカリーノ ( ゚o゚)ハッ

乗馬クラブクレインの乗馬スクールではただ乗るだけではなく、馬についてもいろいろと知ることができます。

実際に馬を目の前にして見てみたい!

そんな方はお近くのクラブへどうぞ。


みなさまのお越しをお待ちしております。

高橋

乗馬を始めるならいつ?

こんにちは。高橋です。
初夏の風を感じるクレイン茨城からお届けします。

DSC00292.jpg
なでしこが咲いてました。花言葉は「純粋な愛」だそうです。

この間のロイヤルウエディング、みなさんはご覧になりましたか?
とても素敵でしたね。
やはり馬を愛する私としては、こんなときでも馬に目がいってしまいます。

馬車に沿って隊列を組んで行進していた騎兵隊。
きりりとしてかっこよかったです。
少なからず、みなさんも 「あっ。かっこいい。」 と思われたのではないでしょうか?


そうなんです!
馬に乗れるってかっこいいんです!


「まさか私が・・・乗れるわけないよな~」

なんて思っているあなた、一度お試しください!
きっと、世界が広がります。
(大学生のとき世界が広がった私はそのまま乗馬の世界に・・・)

DSC00291.jpg
馬たちあげるにんじんの芽がのびてきました。にょきにょきっ


実は乗馬は子供も大人も楽しめるスポーツ。
楽しみながら体を動かすことができます。
もちろん馬からもらえる"心の癒し"もあります。


最近では50代、60代の方が乗馬を始めています。
みなさん、「やってみたい!」と思ったその時に乗馬を始められました。

そうです。
ちょっと興味がわいたときに、足をのばすならぬ思いをのばしてみてはいかがでしょうか。
きっと世界が広がることでしょう。


乗馬クラブクレインでは様々なコースをご用意しています。
お近くのクラブのページでコースをご覧ください。
(50歳からの乗馬入門や小中学生の子供乗馬などあります)


クラブはこちらからお選びください。

乗馬クラブクレインサイトはこちらからどうぞ。


みなさまのお越しをお待ちしております。

高橋