こんなにきれいな世界を、馬とともに

こんにちは、高橋です。
連日、ソチオリンピックがにぎわっていますね。競技が行われるのは深夜が多いので、リアルタイムでは見ていませんが、テレビを通して感じるのは、選手の方々がみなさんとても純粋だなと、やはり、競技のトップにいく方は人柄もあるのかな~

さて、下の写真、どこだかわかりますか?
ソチではありませんよ。日本国内です。
DSCN1637.jpg

実は北海道の中標津です。
一面、雪景色の中を馬で散歩することができるんです。
素敵な世界じゃないですか?
やはり、乗馬といえば、外乗(がいじょう)は大きな楽しみの一つです。
みなさんにもオススメ!です。

DSCN1644.jpg
かわいいポニー、見た目によらずチカラモチ!ソリを引くそうです。

今回は乗馬クラブクレインの会員さま向けで、2/20から北海道雪原外乗があります。
(私も行きたいなー。)
外乗の醍醐味は、やはり自然の中を、馬とともに走ることです。
言葉は話せない馬ですが、より、馬が自分のパートナーとして実感でき、ちょっとした旅をしている気分です。きっと昔の人はこんな感じで、歩いたり、走ったり、パートナーを気遣いながら旅をしたのでしょうね。

DSCN1649.jpg
構えたカメラに興味をもった馬が鼻を近づけてきました。
(今回の外乗にさきがけて行ったスタッフに撮影をしてきてもらいました。)

外乗は乗馬で駈歩(かけあし)ができるようになったら、とても楽しめます。
駈歩を習得することは、すごく難しいことではありません。もちろん、個人差はありますが、乗馬の基本は馬の動きに慣れることですから、レッスンを重ねたらできるようになります。

ちょっと、いいな。

そんな風に思った方は、まず、お近くのクレインで乗馬を体験してみては?

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

高橋


今年もBudweiserのSuperbowl commercial はほっこりしますよ。

夏休みの思い出・・・馬に乗って外へ出よう!

こんにちは。高橋です。
最近、夕暮れ時の空がきれいで・・・つい見とれてしまいます。

120814_182825.jpg
橙色から淡い水色、そして夜の空色へと変わっていくグラデーションが美しいです。

さて、お盆も終わり、子どもたちにとっては夏休みの終わりが見えてくる時期ではないでしょうか?(おとなたちは、すでに働いている方も多いですね、お疲れ様です。)
夏休みの思い出はできましたか?
私はというと・・・?


昨日の朝、めざましどようび(フジテレビ毎週土曜朝6時~)TOP OF THE WORLD~ハワイ編で鈴木ちなみさんがサンセット・ライドを楽しんでいました。
1時間ほど馬にゆられながらのんびり歩くコースでしたが、途中、牧場から見下ろす海に沈んでいく夕陽は感動的で、ほんとうにきれいでした。(ハワイ島のコハラマウンテンにあるパニオロ牧場で楽しめるようです)
この映像を見ながら、「あぁ、こんな夏の思い出いいなぁ」と、想像だけで終わりました。


そうです!
こんな感じで、自然の中を馬にゆられながら散歩する、ときには走って風を感じる!
それを"外乗"(がいじょう)といいます。(海外ではトレッキングということもあります。)
乗馬をするなら、私はぜひ、みなさんに外乗をオススメします。


もちろん、外乗はある程度馬に乗れたほうが、より楽しむことができます。
一度、馬に乗れるようになってしまったら、旅先でも楽しみ方の幅が広がります。
ハワイ島コハラマウンテンで乗馬、モニュメントバレーで乗馬、モンゴルの草原で乗馬などなど海外をはじめ、日本でもさまざまな場所で楽しむことができます。
乗馬クラブクレインでは、クレイン恵那で湖畔沿いを、クレイン金沢で海岸沿いを、クレイン湯布院で草原を走ることができます!

_DSC4392.jpg
クレイン湯布院の外乗風景です。

さて、ある程度乗れるくらいとはどれくらいかというと。
馬に乗って駈歩(かけあし)ができるくらいです。乗馬ライセンスでいうと4級くらい、みなさんがイメージしやすいのは、映画で草原を走っているシーンではないでしょうか。

駈歩は難しいものではありません。練習すれば、できるようになれる乗馬の基本的な走り方です。
あなたも"外乗"、目指してみませんか?
楽しいですよ~

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日は、クレイン茨城は夏祭り。
カレーに焼き鳥にかき氷の屋台あり、カドリール発表会あり、楽しそうなイベントです。


高橋

北の大地を駈ける!

IMG_0672.jpg

こんにちは。高橋です。
突然ですが、ここはどこでしょうか?

実は北海道の中標津にある開陽台から見た景色です。
素晴らしいですね~
こんな景色であったことがありません!!cid_04_110806_145316__841SH@softbank_ne.gif


今年、乗馬クラブクレインが企画したクレイン会員様向け北海道外乗。
4日間かけて北海道の大自然を満喫します!


IMG_0684.jpg


外乗は2つの魅力的なコースを満喫できます。
ひとつは開陽台のパノラマを望めるコース。
もうひとつは野付湾海岸線の砂州を知床方面へ向かうコース。


どちらのコースも普段見ることのできない地平線や水平線が広がり、馬で走り着いただけに、その景色を見た感動もひとしおです。
天気が良ければ、知床連山や国後島が望める雄大な景色をご覧いただけます。




何も考えずに、ぼーっとただその景色を眺める。
地球は丸いんだなぁ~

日常、いそがしくしているみなさん。
ときにはこんな時間も必要ですよね。


この外乗コースを走るには乗馬ライセンス4級程度の乗馬レベルが必要になります。


まだ、この夏のご予定がお決まりでないみなさん。
まずは3日間で乗馬ライセンス5級取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
(社団法人全国乗馬倶楽部振興協会が認定するライセンスです。)
岐阜の恵那外乗は5級ライセンスレベルで行けるコースもありますъ( ゚ー^)


乗馬ライセンスコースは会場を選んでご予約ください。
会場はこちらからどうぞ。


北海道外乗について
今回は乗馬クラブクレイン会員様向けの企画で、9/28~10/1と10/11~14の日程で
実施ます。8月8日からお申込受付いたします。詳細は各クラブへどうぞ。

IMG_0677.jpg
牧場ではこんな愛らしいシーンも=*^-^*=


最後まで読んでいただきありがとうございます。

この夏、ちょっとゆったりとした時間を過ごせるといいですね!cid_03_110718_112018__841SH@softbank_ne.gif

高橋

草原を走りたい!海岸を馬で走りにいきたい!モンゴルに行きたい!

こんにちは。高橋です。
いよいよ夏本番ですね\(^▽^)/

今日はちょっと外乗の話です。
タイトルは今のわたしの気持ちです・・・モンゴルの草原を馬で走りたい!

DSC00378.jpg
馬たちのニンジンが大きく育ちました!


外乗って何?
という方のために簡単にご説明いたします。

普段は馬に乗る時は馬場という柵に囲まれたところで運動をします。
外乗は、柵で囲まれていない自然の中を馬で走ります。
もちろん、自然の中を走りますので、ある程度の乗馬技術が必要になります。
駈歩(かけあし)で走る外乗の場合は乗馬ライセンス4級程度が目安になります。


馬場で乗るのと、自然の中で乗るのでは、また違う感動があります。


外乗の素晴らしさはほんとうに言葉では伝えきれません・・・
実際にみなさんに乗っていただくのが一番です!cid_05_110717_111302__841SH@softbank_ne.gif

私はモンゴル外乗に行ってみたいです!
クレインでは毎年夏にモンゴル外乗ツアーが組まれます。

モンゴル外乗に行った方のお話を聞くと、そのスケールの大きさが感じられます。

どこまでも続く草原。

見たことのない高原に咲く花。
(お花畑があるそうです)

地平線に沈む夕日。

満点の星空。

riding_pct0a.png

素晴らしい自然の中を自分と馬で走り抜ける。

きっとそれだけで日常を忘れて、素の自分と向き合うことができるような。
新しい視野が広がるような。
そんな気がします。
やはり人生は後悔のないように、時を逃さず、行動をすることは大切ですね。

ちょっと話が大きくなってしまいました(;^◇^;)ゝ

もちろん国内でも外乗を楽しむことができます。
クレインでは、金沢湯布院恵那の3会場で外乗ができます。


きっかけは乗馬体験から!cid_01_110717_113859__841SH@softbank_ne.gif


まずは、この夏、馬に逢いにいくところからはじめてみてはいかがですか?
クレインWEBはこちらから。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

昔は馬に乗るのが普通。今は江戸から大阪1時間が普通。

こんにちは。高橋です。
梅雨の合間、涼しくてすごしやすいクレイン茨城からお届けします。

今日は「JIN-仁-」が最終回ですね。
みなさんも見ていますか?
馬を愛する私としては、やはりドラマを見ていても馬に目がいってしまいます。
野風さんは白い馬が似合っていました。
DSC00370.jpg
外を眺めるのが好きなオルフェウス。厩舎の戸を開けてあげるといつも顔をだします。


今から150年ほど前のJINの時代には車も電車も飛行機もなく、移動手段は
歩くか馬に乗るかでした。
文明の発達はすごいです。
150年もたつと空を飛べるようになるんですね。


その当時は鉄の塊が空を飛んだり、江戸から大阪まで1時間ほどで行ける
なんてきっと想像もつかないことだったんでしょうね。
けど、今は、私たちにとっては普通のことです。


逆に見てみると・・・
江戸時代では馬に乗ることは、ごく当たり前のことでした。

おそらく、馬は猫や犬よりも身近な存在で、一緒に仕事をするパートナー
として人に近い存在だったのではないかと想像します。

今は・・・「私でも馬に乗れるのかしら?」なんて感じです。


けど、馬は今も江戸時代も変わらず、私たちから近づいていけば心を開いてくれます。
そして、もちろんこどもでも大人でも乗ることができます。
(昔は移動手段だったのですから!!)


yufuin09_12.jpg
こんな風に草原を散歩するのも夢ではありませんo(^-^)o


乗馬クラブクレインは会員制で乗馬を習うことができます。

まったく初めての方でも、ステップアップしながら習えるので、
休日、乗馬を楽しむ感覚で、少しずつ馬に乗れるようになっていきます。
ほんとうに、草原を散歩することは夢ではないですよ!


JINの時代、私たちの祖先は普通に馬に乗っていたんだなぁー。
と少し想像してみてください。

そして、馬に乗りたくなったら、お近くのクレインへお越しください。
会場はこちらからどうぞ。

今日のJIN楽しみですね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋

馬ってどんな動物?【3】-馬はすごい!-

こんにちは。高橋です。
今回は昨日5/28取材に行ってきた"第32回全日本ヤング総合馬術大会2011"のJRA馬事公苑(東京都世田谷区)での様子を交えながらお送りします。

DSC00339.jpg
馬事公苑は普段は公園のような感じで入ることができます。


総合馬術って何?


そんなみなさんのために簡単にご説明します。

3日間で行われる競技なので"Three Day Event"とも言われます。
同じ選手と馬で3つの種目を競い、3日間の総合成績で順位を決めます。

1日目馬場馬術競技
2日目クロスカントリー競技
3日目障害馬術競技
それぞれ調教審査、耐久審査、余力審査と言われ、2日目のクロスカントリー競技が特に重要な種目になります。

今回はその2日目のクロスカントリーを取材してきました。
クロスカントリーは野外に自然に近い形で設置された固定障害を走り抜けていく競技です。
DSC00328.jpg
田中利幸選手とマーキードプレスコ


"パートナーシップ"と"勇気"


それがこの競技のテーマでもあります。
このクロスカントリー競技は、もちろん人馬の技術や経験も必要になりますが、それ以外に馬との"パートナーシップ"、そして、その上に成り立つ"勇気"が必要になります。


一番最初にお話ししましたが、馬は言葉を話せません。
だから人が馬を思いやることでコミュニケーションを図ろうとしなければ馬とのパートナーシップを築くことはできません。


ほんとうに強いパートナーシップで結ばれた人と馬だけがこの競技に参加できるといえるでしょう。


厩舎にいるときはこんな表情をしている馬でも
DSC00323.jpg
アイシングラーです。目と耳を下の画像と見比べてみてください。

競技に出ると表情が変わります!乗り手の意識と馬の意識が同じ方向を向いてます。
DSC003302.jpg
永松敬一郎選手とアイシングラー。クリックすると少し大きくなります。


みなさん違いがわかりましたか?
ものすごい勢いで通り過ぎていったので画像が少しぼやけています・・・


ここまで来て言いますが、実は私はクロスカントリーを見たのは今回がはじめてです。
目の前を通り過ぎていく選手と馬たちを見ていて、ほんとうにドキドキ!
緊張しました(〃´o`)=3 フゥ(選手でもないのに・・・)

けど何よりも競技では馬のコンディションが重視され、コースの作成であったり、獣医による馬体検査であったり、多くの人が競技を支えていました。
DSC00353.jpg
クロスカントリー走行後に獣医のチェックを受けていました。


そういったみんなの思いの中、競技が開催され、ほんとうに真剣に熱い思いを持った選手と馬たちは感動的で素晴らしかったです。
DSC00365.jpg
根岸 淳選手とミスターダンディー。クリックすると少し大きくなります。

改めて馬のすごさ、馬に乗ることの素晴らしさを感じた1日でした。

総合馬術競技は今後も開催されます。
機会があれば、ぜひ実際に見に行ってください。感動します!(はじめて見た私が言うので間違いありません)

日程は(社)日本馬術連盟 開催予定カレンダーでご覧いただけます。
みなさんも、選手を応援してくださいね!


高橋

馬ってどんな動物?【2】

こんにちは。高橋です。
少しくもり空のクレイン茨城からお届けします。
馬ってどんな動物?2回目です。

DSC00314.jpg

前回もお話しましたが、馬は言葉を話せませんので人が馬の様子を感じ取ることでコミュニケーションを図ります。今回は馬の気持ちを表す目と耳について少しお話します。


馬の目は顔の横についています。
顔の横についているとどう見えるかというと・・・
実は片方の目で160度~170度くらい見ることができます。
とても広い視野を持っているんですね。


よく「馬の後ろから近付いちゃダメ!」と言われますが、それは唯一自分の後ろは見ることができないため、いきなり後ろから近づくと馬を驚かしてしまうことになるからです。


馬が驚くとどうなるかというと・・・
走って逃げるか、驚いた標的を蹴って遠ざけようとします。
みなさん馬に近づくときは後ろから近づかないようにしましょうね。


次に馬の耳についてですが、
馬の耳は人には聞き取れない高音域の音を聞くことができ、遠くの音にも反応します。
そして、耳の動きは馬の気持ちを表します。

何かに注目しているとき、馬は両目と両耳を注目しているほうに向け確認しようとします。
下の画像のような感じです。
DSC00301.jpg
前回も登場したカリーノです。


ちょっと不快な気持ちを持っているときは耳を後ろにふせます。
(おびえる、怒る、痛みを感じる、落ち込む・・・などの感情です)
写真を撮るのが難しいのでイラストになりますが、下のような感じです。
vol01_01.gif

耳を伏せているときにどんな気持ちなのかは、その時の周りの状況も見て判断します。

ただ、基本はボーっとしていることが多い馬。
耳は少し横に開き、目がとろ~んとしていることも。


みなさん。なるほど~と思っていただけましたでしょうか?
今後も少しずつ馬についてご紹介していきますのでお楽しみに!


けど何よりも実際に馬を目の前にしたほうがわかりやすいです。
これを機に乗馬してみようと思った方はぜひお越しください。

乗馬クラブクレインWEBサイトはこちらからどうぞ。

高橋

馬ってどんな動物?

こんにちは。高橋です。
カラッと晴れたクレイン茨城からお届けします。

DSC00300.jpg
花菖蒲が涼しげに咲いています。

さて、みなさんは大きな馬を目の前にしたことがありますか?
なかなかないですよね。
実は知れば知るほど興味深い動物です。


言葉を話せない馬。

けど生きていますから感情はあります。

もちろん馬は人ほど知能はありませんから、人が馬の気持ちや感情を思いやらなければ、なかなか人の言うことも聞いてもらえません。


"おたがいさま"ということです。


人と人だとコミュニケーションが取れる分、自分の思いや周りの環境、立場などでなかなか相手の立場に立つということができないこともあります。

しかし馬はそんなことは気にしません。
人の思いや立場など関係なく、目の前にいる人であり、自分(馬)にとってどんな人なのか。それだけです。そしてたまに気付かせてくれることがあります。


"思いやる"とはどういうことか。


ちょっと新鮮な感覚・・・気持ちになれます。

前置きが長くなりましたが、みなさんが馬の気持ちを知ろうとするとき、どこに注目すればよいか?少しずつご紹介していきます。


次回は基本中の基本、馬の「耳と目」についてです。
お楽しみに!
DSC00302.jpg
厩舎から現れた私を確認しようとするカリーノ ( ゚o゚)ハッ

乗馬クラブクレインの乗馬スクールではただ乗るだけではなく、馬についてもいろいろと知ることができます。

実際に馬を目の前にして見てみたい!

そんな方はお近くのクラブへどうぞ。


みなさまのお越しをお待ちしております。

高橋

乗馬を始めるならいつ?

こんにちは。高橋です。
初夏の風を感じるクレイン茨城からお届けします。

DSC00292.jpg
なでしこが咲いてました。花言葉は「純粋な愛」だそうです。

この間のロイヤルウエディング、みなさんはご覧になりましたか?
とても素敵でしたね。
やはり馬を愛する私としては、こんなときでも馬に目がいってしまいます。

馬車に沿って隊列を組んで行進していた騎兵隊。
きりりとしてかっこよかったです。
少なからず、みなさんも 「あっ。かっこいい。」 と思われたのではないでしょうか?


そうなんです!
馬に乗れるってかっこいいんです!


「まさか私が・・・乗れるわけないよな~」

なんて思っているあなた、一度お試しください!
きっと、世界が広がります。
(大学生のとき世界が広がった私はそのまま乗馬の世界に・・・)

DSC00291.jpg
馬たちあげるにんじんの芽がのびてきました。にょきにょきっ


実は乗馬は子供も大人も楽しめるスポーツ。
楽しみながら体を動かすことができます。
もちろん馬からもらえる"心の癒し"もあります。


最近では50代、60代の方が乗馬を始めています。
みなさん、「やってみたい!」と思ったその時に乗馬を始められました。

そうです。
ちょっと興味がわいたときに、足をのばすならぬ思いをのばしてみてはいかがでしょうか。
きっと世界が広がることでしょう。


乗馬クラブクレインでは様々なコースをご用意しています。
お近くのクラブのページでコースをご覧ください。
(50歳からの乗馬入門や小中学生の子供乗馬などあります)


クラブはこちらからお選びください。

乗馬クラブクレインサイトはこちらからどうぞ。


みなさまのお越しをお待ちしております。

高橋

3日間で乗馬ライセンス取得にチャレンジ!

こんにちは。高橋です。
快晴のクレイン茨城からお届けします。

DSC00280.jpg
晴れているとタンポポもうれしそうに咲いている感じがします


いよいよGWに突入ですね (^ ^)/
今年のGWはほぼ晴れの予報のようです。

お仕事の方もいらっしゃると思いますが、がんばってくださいね。
(私もお仕事です・・・)

ところで、みなさんは"乗馬ライセンス"なるものをご存知ですか?
(社)全国乗馬倶楽部振興協会が認定する国内共通の乗馬ライセンスになります。
1級~5級まであり、筆記と実技のテストに合格するとライセンスカードが発行されます。
license_pct02.png
5級が一番やさしい内容になります。


どうですか?
少し興味わきました?
まだですよね。


乗馬ライセンスは乗馬技術を証明するものになりますが、クレインではこんなことができます。

pro_2-3.jpg
恵那外乗プロムナードコース
5級レベルで参加できます。

chiri_04-04.jpg
金沢外乗内灘コース
4級レベルで参加できます。


外乗は馬場から外に出て自然のコースを馬で歩いたり、走ったりして楽しみます。
私も、クレイン恵那、クレイン金沢、クレイン湯布院で外乗しました。

もう、ほんっっとに気持ちいいです。
外乗は最高です!
みなさまにもぜひオススメしたいです!


ちょっと興味がわいてきました?


実は、この乗馬ライセンス5級は初めてでもチャレンジできるライセンス。
乗馬クラブクレインでは3日間のスケジュールで実施しています。
年間を通じてスケジュールを設定しています。


お休みの日は何をしようかな~


と思ったら乗馬ライセンス5級取得にチャレンジしてみてはいかがですか?
ライセンスに興味がわいた方はこちらからどうぞ。

他にも様々なコースをご用意してみなさまをお待ちしております。
クレインWEBへ


それではみなさん良い休日をお過ごしください。

高橋

アジア大会 優勝報告

12月14日(火)に東京都町田市の石阪丈一市長を表敬訪問しました。


そこで、2010年11月20日(土)に中国・広州で開催されたアジア競技大会において、
総合馬術団体で優勝したことを報告いたしました。


yumira_hyoukei_web1.jpg


石阪市長からは「2年後のロンドンオリンピックでも活躍して下さい」と励ましのお言葉をいただきました。


yumira_hyoukei_web2.jpg


弓良を始め、全日本の馬術総合チームは今回の金メダルに留まらず、
新たな目標に向けて、スタートしております。


チーム一丸となって、更に邁進してまいりますので、
皆様のご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

Written by Kusumoto

手ぶらで参加出来る、1日乗馬体験をご希望の方は、こちらから。
クレインWEBへ

総合馬術団体 金メダル!

最近、広州アジア大会の話題で持ち切りですねー。
今年は、日本の金メダル獲得数も多いとか...。


そんな中、クレイン所属選手も金メダルを獲得したという吉報がっ!


asia_cup2010_web.jpg
金メダル獲得後、ウイニングランをしている選手たち
(写真左から、根岸(東武)・大岩選手・弓良(東京)・佐藤選手)


2010年11月20日(土)。
総合馬術の団体で金メダルを日本チームが獲得いたしました!

日本チームの監督はクレインの岩谷一裕。

日本チーム5名のうちの2名は同じくクレインの根岸淳(東武乗馬クラブ&クレイン)、
弓良隆行(乗馬クラブクレイン東京)でした。


皆様、温かいご声援をいただき、どうもありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

Written by Kusumoto

手ぶらで参加出来る、1日乗馬体験をご希望の方は、こちらから。
クレインWEBへ

モンゴル乗馬・外乗ツアー

今年も、モンゴル乗馬・外乗ツアーの季節がやってきました!


今日はその第1便が成田空港から出発しました。
もう少ししたら、ウランバートルに到着されることでしょう。


今晩ウランバートルに泊られたら、
明日からは、3日間続けて乗馬トレッキング三昧です。


馬場で騎乗するのももちろん楽しいのですが、
広大な野原や草原を風をきって走る野外騎乗は格別です!

野外騎乗


外乗で自由に馬を操作出来ることを目指して、
クレインで乗馬技術を磨かれている会員さんもたくさんいますからね。


今年は全3組でツアーを企画しましたが、
来年もまたありますので、ご興味がある方は今から乗馬をスタートして
騎乗技術を磨かれてみてはいかがでしょうか!?


Written by Kusumoto

クレインWEBへ

乗馬ライセンスを取ろう!

乗馬に「ライセンス」があることをご存じですか?


これは(社)全国乗馬倶楽部振興協会が認定している
「乗馬ラインセンス」とよばれる資格になります。


技術や鞍数(くらかず)によって1級~5級までの認定証を発行しています。
ちなみに、履歴書にも書ける立派な資格なんですよ!


クレインでも、3日で5級ライセンスが取得できる
乗馬コースを各クラブで随時、実施しています。


ちなみに乗馬5級ライセンスなら、合格率ほぼ99%。
ほとんどの方が短期間で基礎をマスターしながら、資格を取得しています。


認定されれば、あなたの顔写真のついたライセンス認定カードが発行されます。


「自分の技術を証明できるものが欲しい」
「少しでも多くの資格を取っておきたい」
という方に乗馬ライセンスはオススメです。


各ライセンスの審査内容の一部を紹介いたします。

◆5級ライセンス

馬の動きに慣れる
●乗馬、下馬ができる
●手綱の持ち方及び索馬ができる
●馬上で体操できる
etc......

◆4級ライセンス

馬を自分で動かす
●方向転回・回転、図形運動がスムーズにできる
●停止-常歩-速歩-常歩-停止が大体スムーズにできる
●駈歩の発進、維持ができる
etc......

◆3級ライセンス

●5級、4級の運動を含め各個にて駈歩の発進、維持、歩度の伸縮が概ねできる
●巻き乗り、半巻きができる
●地上横木の通過ができる
etc......

ライセンスとは言いますが、
実際は、上記で挙げたような技術を確実に身につけているという「目安」となります。


ライセンスを取ることを目標に頑張るのも乗馬の楽しみの一つだと思いますし、
ライセンス取得に至るまでの、1鞍1鞍の乗馬そのものが楽しいと思います。


5級ライセンスだったら、
実は、3日で取得出来てしまいます。


これから、夏休みに入ると思いますので、
乗馬ライセンスを取得してみるのはいかがでしょうか!?


Written by Kusumoto

クレインWEBへ