トップへ » レッツ乗馬!7つの楽しみ方 » 一日乗馬体験

一日乗馬体験

手ぶらで1日乗馬体験

手ぶらで1日乗馬体験乗馬って聞くと「難しそう」「高いんじゃないの」なんて思っている方はいませんか?とんでもない!実は乗馬はとっても簡単なスポーツ。運動が苦手な人でも十分楽しめます。

馬を間近で見たことがない、触ったことがないような人でも、気軽に乗馬を楽しんでもらいたい。そんな思いから、乗馬クラブクレインでは国内32ヶ所の乗馬クラブで「乗馬体験スクール」を随時実施しています。

馬に触れることから、実際に騎乗し、ゆっくり歩かせたり、止めてみたりしながら、少し走るところまでを体験できる1日コースです。騎乗時間は約20分~30分ですが、初めての人にとっては、乗馬を十分に体験できる内容になっています。

さあ、あなたも乗馬体験1回コースで乗馬デビューしてみましょう!
▼近くの乗馬クラブを探す


▲ページトップへ

体験乗馬の流れ

STEP1.準備するものは特にナシ。気軽に参加できます

STEP1.準備するものは特にナシ。気軽に参加できますまずは申込書の記入と料金の清算から。
その後、装具を合わせます。装具はヘルメット・乗馬ブーツ・ボディープロテクターの3つ。

初めて馬に乗る人には装具(ヘルメット・ブーツ・プロテクター)をすべてレンタルでお貸ししています。

足首まであるズボンと靴下、あとは軍手を用意してもらえば、すぐに「体験乗馬スクール」で馬に乗ることができます。

STEP2.さあ!馬とご対面

STEP2.さあ!馬とご対面スタッフがスクールを担当する馬たちを連れてきますので、まず怖がらずに馬に触れてみてください。そして自分の乗る馬の名前を呼んであげましょう。馬は頭がいいのでちゃんと人を見分けてくれます。

その後、皆さんが乗る前に、スタッフが実際に馬を使って体験コースの流れを説明します。馬の乗り方から馬から降りる方法まで一通り実演します。

STEP3.いよいよ乗馬レッスンです

STEP3.いよいよ乗馬レッスンですでは、さっそく乗ってみましょう。サラブレッドは背が高いので踏み台を使って乗ります。乗ってみるとまず視線の高さに驚くでしょう。特に女性や子供の場合は、普段の生活で上から人を見下ろすことが少ないので、視界の違いを楽しむことができます。

主なレッスン内容

動かしてみる(発進の練習)動かしてみる(発進の練習)

馬に乗って、手綱の持ち方・鐙のはき方・騎乗姿勢ができたら、さっそく馬を動かしてみましょう。お腹を蹴ることで馬はゆっくり歩き出します。

止めてみる(停止の練習)止めてみる(停止の練習)

馬の歩く速度や揺れに慣れたら、止める練習をします。止めるのは両方の手綱を一緒に引っ張れば止まってくれます。

スピードを上げたり、下げたり(スピード調整の練習)スピードを上げたり、下げたり(スピード調整の練習)

馬上体操で緊張がほぐれたら、今度は、馬の歩くスピードを早くしたり遅くしたりする練習をします。この練習で乗っている人の号令が馬にちゃんと伝わっているかがわかります。

慣れてきたら少し走らせる(速歩体験)慣れてきたら少し走らせる(速歩体験)

スピード調整ができたら、馬の2番目の走り方、速歩(はやあし)を体験してみましょう。急にスピードと揺れが大きくなるので少し怖いかもしれませんが、2拍子のリズムを体で感じることができればOKです。

馬から降りた後は装具レンタルを返却し、着替えなどをした後に「騎乗後のアンケート」にご協力ください。また、体験乗馬スクールを参加され、ご希望される人に、乗馬クラブクレインの会員システムをご案内しています。

予め会員として乗馬を続けることを検討している人については、この時間に会員料金やシステムなどのご相談をお受けいたします。

▼近くの乗馬クラブを探す

▲ページトップへ

体験者さんの声/終わってみてからの感想は?

体験者さんの声/終わってみてからの感想は?渡部恵理さん(25)
一番かわいかったのは、馬の耳。喜ぶと耳がピンと前に向くんです。なんだか馬の気持ちが分かったようで、本当に愛くるしい!また、馬の目を近くで見るとガラスみたいにキレイで、なんだか癒されてしまいました。
普段は運動なんかひとつもしてない私ですが、運動神経なんて関係ナシ。十分乗馬を楽しめましたね。

▲ページトップへ

ご存知ですか?乗馬の楽しみ方イロイロ

ストレスを癒す乗馬でフィットネス草原や海岸を走る


トップへ » レッツ乗馬!7つの楽しみ方 » 一日乗馬体験